​そういう靴を履いて欲しくない

はじめまして!

代表の 木庭 将揮(こば まさき)です。

義肢装具士として熊本の義肢製作所で数年弱、関西の靴屋にて3年程

靴の製作や修理、加工、中敷きの製作加工を中心に働かせて頂きました。

その中でも義肢製作所で勤務をしている時に強く感じる事がありました。

費用や様々な要因等があり、仕方のない事とはいえこれらの問題を見かける事がありました。

①治療の際には老若男女問わず機能(全体的にただ広いだけの構造)と価格の安さだけで選ばれた運動靴を履いて頂かないといけない事がある

②そもそも足に合っていない靴に中敷きを製作しないといけない

いつまでも綺麗でいて欲しい人達が退院をしても履けるようなもっと可愛らしい靴やかっこいい靴があったら皆が幸せになる。 

だけどそんなデザインが頭に浮ぶ才能も素早く大量に製作出来る技術もない、そんな思いで生活を送っていたある日、気がつきました。

容態の重い方は難しいかもしれないけれど、比較的軽度の方であれば

機能や拡張性の高い 市販の靴を加工したらどうだろうか

そういう思いをさせずに履いてもらえるのではないだろうか、勿論デザイン面でも納得出来るような靴で、、、

そう思ったが吉日。すぐにそのような靴を取り扱っている靴屋で3年間勉強をし、デザイン、機能、拡張性の面でも優れたブランドを取り扱わせて頂ける運びとなりました。

足に悩みのある方が対象のような口ぶりですが、決してそのようなことはありません。運動機会の減った現代人の足は、10代の子ですらも悩みが発生しやすい世の足です。

初めの問診。足型測定の際に一人一人の足や身体の構造の特徴、くせ、痛みの原因やこれから起こりうるであろう傾向をお伝えいたします。

世の中に流れている 快適風な靴、中敷き ではなく

あなたにとって快適な靴、中敷きを提供出来る事を楽しみにお待ちしております。