「くるぶしに当たって痛い!」そんな靴への対策


こばです!




くるぶしの下に当たって痛い

このような靴ってありませんか?

でも、これは仕方ないと思う。




そもそも、くるぶしの高さは左右で違うから!



自分の足を見て確認してください。


きっと、


  • 内くるぶしが高く

  • 外くるぶしが低い


このような位置関係になっていると思います。

だから、当たるときはだいたい【外くるぶしの下】



※個人差があります。

でも、解剖学的にはこれ。



内くるぶしの下が当たりやすい人

足の内傾きがある人は、内くるぶしの下に当たりやすい。



ということをざっくり知ったうえで対策!



踵の下になにか敷いて対策

靴を履くとくるぶしに当たる問題の根幹にあるのは


  • くるぶしの下がり方

  • 靴の縁の高さ


この相性問題です。

ですので、どちらかに対策すれば上手くいく!




厚みがあれば何でも良い

これでも十分!


足の裏が痛かったらクッション性のあるものだと良いかも。



おすすめは自作

難しく考えなくてもOKです。


100円ショップにEVAシートを売っています。

おすすめは1.5mm か 2.5mmぐらい。

それ以上は踵が抜けるので不要。


※足りなかったら重ねてください。



そういうクッションシートをこうして

こうして



こうして


こうして


こう!

インソールの下に敷くと、対策が分かりにくいのでおすすめ!



正直、これで十分。


インソールが剥がせない人は

靴の中にポイッと入れよう!



難しい人は、ご連絡ください。

福岡県内であれば訪問して

対策しております。