「足と靴をずっと勉強しているけれど、結局これにいきつく」足に合った靴の探し方。

こばです!



足に合った靴がありません。


靴屋に相談をされるということは、 大なり小なりこの意味を含んでいるように思います。


医療系の国家資格をとってからも勉強を続けているのですが、



「結局ここにたどり着く」 という靴選びのポイントがあります。 今回はその「足に合った靴の探し方」をざっくりと解説!




 

足と靴を上から見て、近い形を選ぶ


バカにしているのか? と思われても仕方ない程度に当たり前の話なのですが 案外できていない人が多いのかなと思います。



※靴に元々入っている、インソールに足を乗せると簡単♪



この理由の1つに実寸で足型を採ったことのない人 が多いことも起因しているでしょう。


「いやいや、〇〇で計測したことあるから!」


という人もいると思いますが、細々としたデータがプリントされた

小さな紙を頂いた人が多いでしょう。

このようなフットプリントを持っていますか?


これがあると便利ですよ!



靴やインソールをこの紙の上に重ねたらある程度の相性が把握できるのです。


また、上から見て【足の形と、靴の形の相性が良い】

というのは本当に大切です。


例えば、下の画像のように形が合っていたら


趾が伸びやすく、伸ばしやすい環境となります。



足の健康を考えたら絶対に必要な条件です。


もし、形が合っていなかったら


趾には靴の中に押し込められる力がかかります。


これがきっかけで


  • 外反母趾

  • 内反小趾

  • 扁平足

  • 浮き指 など


様々な足のトラブルにつながることも。


上から見た時に


この2つの形の相性問題は非常に大切です。


※外反母趾で親趾がボコっとなっていたら そこだけ伸ばすなど対策が必要です。


靴を買う時・選ぶ時の順番



靴を買う時、選ぶ時には様々なセールストークを目にする、耳にすると思います。

しかし、それらを尊重するのにも順番があります。


  1. 見て履いて、足と靴の形が合っているか確認

  2. セールストークに耳を傾ける


そもそも、足に合った靴でないのなら諦めましょう。




また、足型をとると自分の足の形が分かりますね。



これは、自分の足に合う靴の形も表しています。




【自分の足】という決まった形があるいじょう

【自分に合う靴】という形もある程度決まっています。


その見極めと把握をしておくと、結構はかどりますよ!




ちなみに、わたしの足に合う形のサンダルはこれです。



つま先の形がこのような履物は案外少ないです。

ただ、日本人には同じような形の人が多いと思います。



靴のメーカーですと、アルトラは 趾をしっかりと伸ばして履きやすい形が多い印象です。


というか、結構履きやすかったです。





まとめ



足に合った靴を探すコツは

足・靴を上から見て、近い形かチェックする!



こばでした!