• こば

「踵からついて歩こう!」と言うのは、関節にとって自然な動きだから。


こばです!


歩き方を調べると

とても迷われると思います。



というのも、



  • 踵からついて歩きましょう!

  • 踵からつかないで歩きましょう!



このような手軽な矛盾が散見されるからです。

そんな戦国乱世並みに、乱れた情報の飛び交う昨今にあっても

わたしは「踵からついて歩きましょう!」とお伝えしています。




人体の構造を考えたら「自然な動き」だから!




今回は、「本当の意味での踵からついて歩こう!」をざっくり解説



「かかと」ってなに?

そもそもの問題ですが

「かかと」ってどこだと思いますか?



「足の後ろ先の丸くなったところ!」



と言う方が多いのでしょうが

「踵骨」と捉えると見え方が変わります。



踵骨はデカい

踵骨は大きいです。

よく見ると、くるぶしの下まであります。


ですので、踵骨の


  • 上から着地

  • 下から着地

  • 後ろの丸い部位から着地


全て「カカトから着いて歩く」ことになります。

※上から着地はアンディ・フグでも難しいでしょう。



では、これらのどこが最も良いかと見ると・・・



下から着地がおすすめ!

理由は単純。

厚い脂肪層があるから!

自前のクッションを活かすと痛くありません。




また、踵の下から着地すると

足のロッカー(転がり)機能が活かせます。

最大のロッカーを得るには踵の丸いところから着地が良いのですが



  • 単純に痛い

  • 足首も痛くなる

  • 着地時に大きなブレーキがかかる


というデメリットが目立ちます。 ですので、「踵の丸いところから着地」はおすすめしません。




あと、これが最大の理由になるのですが・・・



脚の円運動の延長線上にある「踵の下」

脚は円運動をします。


  1. 股関節

  2. 膝関節

  3. 足関節


横から見たら全て「円の動き」をします。


脚を動かして歩き

着地をすると考えた時

「踵の下で着地する」というのは




最も自然な位置関係だと思いませんか?




だから、「踵の下での着地」を薦めています。

※踵の下でも多少の前後関係があります。

でも、それはまた別の機会に。



まとめ

  1.  踵の厚い脂肪を活かし

  2.  足の転がり機能も活かし

  3.  下半身の円運動の延長線上にある


「踵の下で着地をする」のが最良だと思います。




0件のコメント