「足に不安があるなら、選ばない方が良い靴」マイナスな靴を避けるだけで足の安定感が変わる


こばです!


足が〇〇で悩んでいます どのような靴が良いのですか?

足の形や悩みは十人十色なので、対策もみんな違います。

しかし、「足に不安があるならこれだけは避けるべき!!」

という靴が存在します。



言い方を変えると「最低限の地雷を踏まない」



自分にとってマイナスな靴を選ばないだけで、

ケガや悪化に繋がる最悪のパターンにはなりにくいです。

ですので、少なくとも


足に不安があるのなら

この要素を含む靴が絶対におすすめ

なぜなら、ケガや悪化に繋がりにくいから!


という靴を今回はご紹介します。



主な対象は「足に不安のある方」ですが

  • 成長途中のお子さん

  • ひざ・こしに不安のある方

にも共通して言える靴事情です。



足に不安があるなら「▽逆三角形▽」の靴を選ばない

足に不安があるなら「▽逆三角形▽」の靴は避けましょう!

これは、靴を後ろから見た時に分かる特徴で



靴の最も外側をかすめる線を引くことで分かります。





後ろから見て△な靴は「安定」

接地面積が広いので非常に安定します。

足や関節の横ブレがあったとしても

靴底の広さによって


  • 身体の横ブレが抑えられ

  • 力を入れなくても勝手に安定します。


とくに、力を入れなくても「安定する」ことが非常に大事!

力を入れなくて良いので疲れにくくなるので

長い距離も歩きやすくなります。


また、安定して真っ直ぐ歩きやすいので

人によっては速く歩ける人もいるかもしれません。




身体に不安がある人ほど選ぶべき靴の形です。



後ろから見て▽な靴は「不安定」

接地面積が狭いので横にブレやすくなります。

とくに、自分の足よりも狭い靴底は最悪です。


ほら、ハイヒールを履くと不安定じゃないですか?

ようはあの感じになるからです。


自分が本来持っている身体の特徴よりも

横にブレやすく不安定になるので

単純に履きこなすのが難しくなります。



このような連鎖ですね!


  1. 身体で生まれた横ブレを

  2. 靴底の狭さがもっと増幅させ

  3. そのブレを自分の筋肉を使って制御する!


身体の負担を無駄に生み出す連鎖に繋がりやすいです。

疲れやすくなるだけならまだマシで、これが原因で

関節を痛める、転倒してしまう・・・



なんてなったら目も当てられません。

ですので、よほどの履くべき理由がない限りは




身体に不安のある人に勧めにくい靴です・・・

というか避けるべき特徴の靴です






これは、地球のせい

靴に限らず重力下における地球で生活するのなら

全てのものに共通する考え方で


  1. 支持基底面(接地面積)が広いほど

  2. 重心が低い位置にあるほど

  3. 重心が真ん中に近いほど


ものは安定します。

そういう世界に住んでいます。

この輪廻から抜け出すには地球から抜け出すしかありません!




宇宙で生活できる余力のある方には関係のない話でした。




ちなみに、今回紹介した靴は


アサヒフットケア


踵が合うなら、安くて機能が良くて非常に勧めやすい靴です。

この価格でこれは本当に異常だと思います。

本当に踵が合うならおすすめ!



色違いもある


ヒモで締め上げるタイプもあります。