• こば

【セルフ調整】ふらつき、ひざの痛みをせき止める!30秒で簡単に対策したインソール調整を解説



こばです!



突然ですが、このようなお悩みはありませんか?


  • 足元がふらつく

  • ひざが痛い


これは、対応させていただいたお客様の状態です。

(掲載の許可を得ています。ありがとうございます。)




ご依頼いただき、訪問し、ピンポンを押して 奥から歩いて来られる数歩で気づきました。

起こっていることは明らかで



「ひざが大きく外に動いている」



色々見させて頂いたのですが結局は、 この動きを抑えることに尽きるのかなぁという印象でした。

実際それが出来た時に「楽、速く歩ける」という反応を頂きました。



インソールの調整で話はまとまったのですが

問題は「調整終わるまでがやや不安」ということ。





「出来上がるまでのつなぎですが、これで辛抱してください」




ということをお伝えして30秒ぐらいで調整したら

「こんなのでも効くんですね!でも、これなら大丈夫そう!」

というお声をいただきました。



どシンプルな調整がすこぶる良かった





今回は、ひざが外に動くことに由来する


  • 足元がふらつく

  • ひざが痛い


お客様に喜んでいただけた シンプルなインソールのセルフ調整を解説。




30秒でふらつきを改善した調整

結論

インソールの下、足裏の小指のつけ根~外くるぶしの間に
2-3mmの棒状のクッションを入れる


手順

クッションの形


2-3mmのクッションをこのように切り

両面テープを裏に貼る。

(雑で良い)



置きたい位置


足裏の外くるぶし~小指のつけ根の間を確認


次の作業に繋がります。

インソールを取り外し、足を載せて行うと良き。

クッションもここからはみ出ない長さにする。


  • この間に収まればOK

  • 小さいサイズでもOK





インソールに貼る


インソールの裏に貼ってみましょう!



※アドバイス


貼る位置を


つま先側にする=横ブレを抑えやすく、安定性が増す

踵側にする  =小趾が使いやすくなる




このパッドの意味

着地をして、片足立ちになっているときにふらつきやすい。

とくに、小趾が使いにくいと踏ん張りが効かず


  1. 足が外に流れ

  2. ひざも外に流れる


という連鎖が起きやすい。




このパッドを使うことによって


  1. 足の外流れをせき止め

  2. 小趾を使いやすくする(第5中足骨+あわよくば立方骨を支え)

  3. 足の外側を高くすることで外に重心が流れにくくする


という効果が期待できます。

非常にシンプルな形なのですが

これだけで随分と「歩み」が変わります。




だから、ひざが外に動きにくくなるのです。





材料は100円ショップでだいたい揃います。

さぁ、やってみましょう!


0件のコメント