【ハーバード】足の痛みを避ける8つの方法【翻訳】


こばです!


面白い記事を見つけたので今回は意訳回です。

※翻訳=記事をそのまま訳す

 意訳=アレンジを加えて訳す



8 ways to avoid foot pain
By Stephanie Watson, Executive Editor, Harvard Women's Health Watch

https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/8-ways-to-avoid-foot-pain




足の痛みを避ける8つの方法

足の痛みとそれが引き起こす障害を避けるため、 足を保護するこれら、8つの方法を試してください。




1.太りすぎの場合は、体重を減らす。


体の重さは、各ステップであなたの足にストレスを与えます。


体重が増えるほど、これら2つの危険も高まります。研究によると、ボディマス指数(BMI)が高いほど、足の関節に痛みが生じる可能性が高くなります。また、肥満は足の神経を損傷する可能性のある糖尿病のリスクを高めます。




2.良い靴に投資する


靴はファッション性より機能が重要となるアイテムのひとつです。


家の内外でサポートシューズを履くと、怪我を防ぐことができます。アーチをサポートしないビーチサンダル(flip-flop)は避けてください。また、ハイヒールは履かないようにしましょう。


  • 足指の変形

  • 外反母趾

  • 足の痛み

  • 足首の捻挫


悪名高いこれらの原因です。ローヒール、優れたアーチサポート、滑りにくい底を備えた靴を探してください。また、足を測定してくれる靴屋に行きましょう。靴はあなたの最も長いつま先の先端と、靴の間に少なくとも1.27cm(0.5インチ)のスペースを持たせたいです。


クッション性を高めるためにインソールを追加します。




3.ストレッチ


硬いアキレス腱(ふくらはぎの後ろを走る繊維組織の丈夫な帯)は、足首と足の力学を低下させ、足に余分な負担をかける可能性があります。このストレッチ運動を試してみてください


  1. 壁から腕の長さで立ち、手を壁に押し付けます。

  2. 左足を後ろに下げ、右膝を少し曲げて、左かかとを地面につけたままにします。左足のふくらはぎから足首までの伸びを感じるはずです。20〜30秒間保持します。

  3. 右足も同様に繰り返します。







4.無理をしないでください


長時間のランニング、その他激しい運動も足に大きな負担をかけます。これは、かかとの痛みの中で最も一般的な原因の1つである足底筋膜炎のリスクを高めます。新しいエクササイズプログラムを開始するときは、ゆっくりとゆっくりと始めてください。


あなたの足と体の声に耳を傾けてください。 活動に適した靴を履いてください。 何かが痛い場合は、していることをやめてください。




5.バランスを取る


バランスの悪さは、足の問題の原因であると同時に結果でもあります。65歳以上の3人に1人はバランスに問題があり、転倒の危険があります。歯を磨いたり夕食を作ったりするときは、片足で10〜20秒間立って練習してください。


さらに鍛えたいときは、目を閉じて片足立ちをしてください。



6.負荷を減らす


一日生活をしていると、足だけでなく、腰や脚にも負担をかけます。

1日を通して座ったり立ったりすると、圧力のバランスがとれます。



7.足の爪をまっすぐにトリミング


爪を曲線または角度をつけて切る(深爪)と、陥入爪が発生する可能性があります。爪の長さを中程度(長すぎたり短すぎたりしない)に保ち、つま先の周りに十分なスペースのある靴を履いてください。



8.傷や感染症を治療


細菌は足の傷から忍び込み、感染を引き起こす可能性があります。


糖尿病による神経損傷がある場合は、細菌がすでに増殖し始めるまで痛みを感じない可能性があります。あなたの足から目を離さないでください。水疱やその他の怪我、水虫などの真菌感染症を治療します。


また、外反母趾については医師の診察を受けてください。

治療せずに放置すると、足の問題を引き起こす可能性があります。




まとめ

痩せる!

動く!

ストレッチ!


目的に合った靴を買う、買う時は測ってから。




足のトリセツ


この本では、同様のことが図説で分かりやすく解説されています。

足のことを知るには持っておきたい一冊。



個人的に思うこと

人間も動物です。


野生では歩けなくなった動物から死にます。

ライオン、ゾウ、カバなど圧倒的なトップ層ですら同じです。


結局、年老いたら体力と健康が何よりも大事!なんてよく聞きますね。

動物的に強くなりましょう。