【修理】靴のパッチ修理を18枚の画像を使って分かりやすく解説。高い金だして修理しなくていい!!


こばです!


先日、こちらのツイートをしました。


そうしたら、「もっとやり方を教えて!!」というお声をいただきました。ありがとうございます。何か可能性を感じられたのでしょうね!



ということで、今回は


  • もっと詳しく

  • もっとキレイに

  • もっと時短な方法解説します。



今回、紹介するのは主にツイートの応用です!

※はじめての方はツイートのやり方がおすすめ!
分かりやすく、失敗しにくいから。
でも、時間がかかりやすい。


解説も途中までは一緒ですのでご安心を。



ちなみに、靴の修理屋さんに任せてもOKです!ただ、1000円ぐらいはとられる気がします。知らんけど。大事な靴をキレイに修理したいなら一足ぐらいは預けても良いと思います。でも、数が多い人、お金をかけたくない人は自分でやりましょう!


慣れたら2分の作業。

しかも、今回の方法はもっと早い。


どうせ暑くて外に出るのは危険です。

室内でできる遊びとしてもご活用ください。




靴のカカトのパッチ修理のメリット

矢継ぎ早に話をすすめてしまったのですが、落ち着いて解説しますね。



履き込んだ靴のカカトにこのような穴が開くことがあります。

この穴をほったらかすと・・・


  1. 靴ずれ、足の傷の原因

  2. 靴が足に合わず歩くにくい

  3. お気に入りのソックスがやぶれる



など、明確なデメリットが発生しやすい。物理的なデメリットだけでなく、心理的な面でも不都合が出やすいです。他所で靴を脱いだ時に気になってしまう方も多いでしょう。ただ、意外と簡単に直せます。



今回は、これを「自分で修理してみよう!」という話です。

では、さっそくとりかかりましょう!


準備物
  1. ペン

  2. ハサミ

  3. 両面テープ (強力なものが良い)

  4. フェルト

  5. クッションシート (必要な人は)


必要な人は、クッションシート 2-3mm厚 (EVAでOK)も!

※靴の穴を見て、クッションを入れる必要のある人は購入を。
いらない人はスルーしてOK2-3mmあればだいたい足りる


きほん的に100円ショップでそろいます。EVAのクッションシートもそうですね!ただ、両面テープだけは良いものを買うほうがおすすめ。剥がれにくいから。でも、100円ショップのもので不都合があったら・・・でも良い気はします。



わたしが使ってるのはコレ


日東電工 5000NS 5000NS-50 再剥離可能強力両面テープ 50mmX20m


  • 薄い

  • 強力

  • だいたい着く

  • キレイにはがせる


5cm幅なので使い勝手が良い。

1.5cm幅と併用しています。

手順

まず、準備物が揃っているか確認。



最初は靴を目視で確認


穴を見て、クッションが何枚必要かチェック。

これぐらいの深さなら1枚で十分!

ほとんどの人は1枚でOK!


クッションがないと凹んだ形にできあがります。


穴よりやや大きめにクッションシートを切り出す。

穴より大きかったら何でも良い。



靴に合うようにちょこちょこ切っていく。


切ったらくっつけられません。

失敗したらやり直しですので、慎重に切りましょう。




このとき、ペンなどで印を書いておくと失敗しにくい。

クッションの裏表、上下左右を定めて切らないと貼るときに失敗しやすい。貼る向きを間違えると空きの原因になるからです。文字などを書いて向き、傾きが分かるようにしましょう!



クッションが穴にハマるように切れたらOK


多少合わなくてもOK。柔らかいクッションなので違和感もでにくいから。

今回は、1-2回大まかに切って合わせました。


㊤の文字もしっかりキレイに見えているのが分かりますね!

この向きに貼れたら上手くいきそうです。


クッションに両面テープを貼る・・・のですが、



ここで分岐します。




※注意 応用編の方へ

このとき、書いた文字の面と両面テープを合わせるようにつけます。

このように設定したからです。でも、文字が見えなくなってしまうので

文字の向きを確認し、裏面にも同じように文字を書きましょう!




ツイートの方法の人は気にせず、文字が見えるように貼りましょう!

全面で接着できるよう隙間なく両面テープを貼る。



カット



 

ツイートの方法の人はここまで!


あとは、クッションを穴に貼り、穴を塞ぐようにフェルトを切って、フェルトに両面テープを貼ってくっつけましょう!クッションで穴をキレイに埋めるだけで、見た目も当たったときの感覚も随分良くなりますよ!



フェルトは、クッションより大きめに切ると合いやすい!


 

両面テープのフィルムを剥がし、フェルトに乗せて接着

ライドオンタイムですね!




大まかに切り出す


一回このように切り出すのは、作業をしやすくするためです。ここからの作業は外見に関わる作業です。丁寧にやりやすくするためにこのように切り出す。


のりしろ(5-10mm)を残してカット


のりしろがあることで、剥がれにくく、着きやすく、違和感が少なくなる。


両面テープをもう一度



両面テープが貼れたら、縁を中心にギュッと押して圧着。

フェルトにきちんと貼れていることを確認しましょう!


両面テープをカット



フィルムを剥がし、クッションに書いた文字をチェック!

わたしの場合は㊤の文字が上になるように設定しました。



あとは、向きを確認しながら貼ったら完成!!



解説

最初にも解説しましたが失敗しにくいのは、ツイートしたほうです。

一個一個重ねていくので間違えにくく、途中で修正、やり直しができるから。

その分、手間がかかり時間がかかる。



今回紹介したのは応用編で、まとめてざっとやる方法。

まとめてやる分、上手く出来たら早いしキレイ。



はじめての人はツイートの方がおすすめ!



質を求めなければ適当で良い


100円ショップにはシールフェルトもあるので、

ダルい人はそれを○や□に切って貼るだけでもいける。


最も時短はこれですね!



ただ、クッションがないことでできる凹凸がハッキリするので

嫌な人はひと手間かけましょう。

2分ぐらいの手間です。




作業がめんどくさい人へ

福岡県内であれば、お伺いして靴をトータル的に補修もしています。

また、お客様に合わせ得て歩きやすくしたり、痛みが出にくくもやっております。

お気軽にご相談ください。