【基礎】インソールが得意な事。これ前提で考えるとカラダに合うインソールと出会いやすい


こばです!


昨日の続きで今回は

「インソールが得意なこと」の解説です。


ここを知っておくと、今後のインソール選びが楽になりますよ!

さくっと見て、さくっと学びましょう。



インソールが得意なこと

  • 足裏の痛み対策(ピンポイント)

  • 足裏の気持ちよさup

  • 足裏からのバランス調整



ピンポイントな足裏の痛み対策

主に足裏にできた


  • タコ

  • ウオノメ


のお痛みに対しては非常に効果的です!



例えば


このように緑のパッドで足のアーチを支えることで

趾のつけ根周りの痛み対策が可能です!


これだけで痛みが減って、歩きやすくなった!という方は多い


また、下の画像のように痛いところだけをくり抜いて



柔らかいクッションに差し替える



というパワープレイもできます。




ただ、条件もあって


それなりの厚みがないと効果は期待しにくいです。


薄いインソールだと、クッションだろうがなかろうが

同じようにつぶれて底づきしてしまうんですよね。



素材の硬さ+厚さが期待できる


主にドイツのコンフォートシューズに入ってる

コルクインソールの最大の強みですね!


足裏の気持ちよさup

好みの問題です。


足裏を支えると気持ち良い!!! と思う人がいらっしゃいます。


また、足裏を密着して支えると安心

と思われる方も経験上少なくありません。




青竹踏みをして


  • 痛いと思うか

  • 気持ちよいと思うか


この違いに近いです。

感じ方、捉え方は好みの問題です。




ただ、わたしは土踏まずを支えたくない派なので基本、あまり抑えません。

土踏まずという衝撃緩衝機能を活かしたいからです。


でも、前述の通り好みが分かれる事を知っています。

ですので、お客様の好みに合わせて付けたり、ご自身で着脱できるように調整します。

ラーメン屋のカウンターにおいてある「胡椒」のようなものです。



※ラーメン屋の胡椒といえば、S&Bのテーブルコショーではなく


ギャバンが置かれていたらテンションが上がりますね。

無骨な感じがかっこいいし、宇宙刑事も思い出せて美味しい。


足裏からのバランス調整

インソールの最大の強みです。

上で解説したことをまとめたものとも言います。


  • 靴は大まかなバランスを整えるのに適します。 でも、細かなバランスを整えるのは苦手です。


  • インソールは大まかなバランスを整えるのは苦手です。 でも、細かなバランスを整えるのは得意です!



インソールは足の骨から支えやすい構造なので


  • 立ち方

  • 歩き方


これらのバランスにも影響を与えやすいです!

つまり、痛くなりにくい立ち方痛くなりにくい歩き方誘導しやすい


足の傾きなど「骨に由来」するトラブルにはインソール""効果的!




靴とインソールの得意なことの違い


  • 靴は足を全体的に         支える

  • インソールは足の骨をポイントで  支える


という作りの違いが関係しています。


つまり、理想の流れとしては




靴で解決しなかった問題を、インソールで対処する




ここに尽きると思います。



ざっくり考えると

  • 足裏に部分的な痛みがある

  • 足裏のフィット感がほしい!

  • 靴で解決しなかったバランスをもっと良くしたい!


このようなお悩みの時、インソールが輝きますよ!