【定期】当たって痛い・・・をだいたい解決。「靴ひもの結び方」&「通し方」


こばです!


今回はわたしがよく使う

靴の裏技紹介です。



それは、「当たって痛い靴を履きやすくする裏技」



この技が使えるのは主に「スニーカー」


ブーツやパンプスには使えないし、

ひも穴が3つぐらいしかない革靴にも使えません。


スニーカー専用の技でもあるのですが


  • 旅行の時

  • 運動する時


に大活躍することが多いです!


また、外反母趾で足に当たって痛い・・・

というお悩みの方には定番的に行っています。

これだけで「履けなかった靴が履けるようになった!」


と言われたことが多々ある程度です。



外反母趾でなくても旅行などで長く歩くと足に当たって痛い・・・

ということってあると思います。

知っておくだけで得をする




「靴ひもの結び方」&「通し方」



裏技の解説

まず、完成形はこれです!


特徴は大きく3つ

  1. 当たって痛い部位のヒモを縦に通す

  2. 当たって痛い部位近くのヒモは緩める

  3. 全体的に「下はゆったり、上はしっかり」締める



外反母趾の方を想定してやってみます!

母趾周りが当たって痛いと思うので

母趾のラインのヒモだけ縦に通します。

こんな感じです!



※足の甲骨が当たって痛い人は

甲骨にかかるヒモを縦に通しましょう。



これによって、ギュッとヒモを締めても

その力が縦に通った部位にはかかりにくくなります。


そう、これによって



ここだけ緩めた状態を維持できる!



また、ヒモを緩めるともっと締め付けにくい


もし、外反母趾で非常にお困りの方には、この程度ゆるめます。


ここからちょっとずつ締めて 良さげな加減を探ります。



ゆるめたら楽なんや!

ほんなら全てゆるめたろ!


という方もいますが、、、



これを最大限活かすのは緩急

ヒモを全てゆる~くしたら楽・・・ではありません。

全て緩いと「足が靴の中で前滑り」を起こしやすいからです。



足が前に滑ると・・・


  • 趾のつけ根に滑って当たり

  • 趾のつけ根が擦れて炎症を起こしやすい


そう、ガバガバの靴を履いても

歩きにくいし、それはそれで新たな害も生まれるので

全てのヒモを緩めるのは「絶対的におすすめしません!」



これは断言できます!



だから、緩急が必要なのです。

しめるところは締めているからこそ

ゆるめたところが「もっとふんわり」します。



スイカに塩理論ですね!



おすすめは「上はしっかり、下はゆったり」


この締め加減は全ての人におすすめ!



下は指が余裕で通るぐらいがおすすめ!


真ん中辺りは指先が入るかな・・・程度の締め


その上は指が全く入らない



一番上はガチガチです!

正直ここさえ止まっていたら

足の前すべりを止めやすいです。


一番上だけでも十分なのですが・・・

全体の締め加減を調整することで


履き味はもっと良くなりますよ!



まとめ

当たって痛い部位のヒモは縦に通す

当たって痛い部位のヒモをゆるめる

一番上のヒモはしっかり締める!


これだけで「履けなかった靴が履けるようになった!」

というお声を頂きました。


簡単にできるけれど、効果はバツグンな裏技でした。