• こば

【意外すぎる事実】よく噛まない人は「土踏まずの低下」に繋がる 【ニュース解説】


こばです!



yahoo!ニュースを見ていたら面白い記事を見かけました。



【意外すぎる事実】よく噛まない人は股関節の動きが悪くなる?食事と股関節の「まさか!」な関係


※画像をタップすると記事にとびます。



この記事の中で


  • 「噛むと股関節が動く」

  • 「噛む筋肉は腸腰筋、股関節外旋筋群、内転筋群と筋膜連結している」


など理論を用いて解説されていたのですが・・・

筋肉、さらにアナトミートレインという考え方に馴染みのない人が

理解するのは難しいのかなぁと思いました。




ということは今回は、 よく噛まない人は股関節の動きが悪くなる ・・・そして、土踏まずの低下にも繋がる」を




画像を交えてざっくり解説。



よく噛まない人は「土踏まずの低下」に繋がる

まず、アナトミートレインをざっくり言うと「筋膜による動きの連鎖」です。



筋膜は、全身を包んでいる大きな膜です。 これによって、どこかを動かすと膜を通じて 「連動していく」というもので、隣り合う筋肉に影響を及ぼしやすい。



※もっと細々したものもあります。 分かりやすいように、ざっくりお伝えしています。

気になる人は各自調べてください。





今回のメインはディープフロントライン


読んで字の如く、主に身体の前側の深い位置にある筋肉のラインです。

※後ろにも繋がっていきます。

※以下 DFL



このような筋肉の連動が起こる。


はじまりは、口を開ける時に活躍する 舌骨筋

DFLを上から見た時のスタートラインである


  • 舌骨上筋

  • 舌骨下筋

 

これらは主に「口を開けるとき・飲み込むとき」に活躍します。

とくに舌骨下筋郡ですね!



胸の上側から喉の下についた筋肉が収縮することで口が開く



この筋収縮が「巡り巡って足の筋肉まで」伝わります。




口を閉めるのは主に咬筋


「咬む筋肉」と書いて「咬筋(こうきん)」という分かりやすい筋肉ですね。

ただ、DFLには含まれていない筋肉です。

※咀嚼時に動くので、関係ないとは言えない。



つまり、「よく噛まない人は股関節の動きが悪くなる」というのは


  • よく噛んで「口を閉じる」も大事だけど

  • よく噛んで「口を開ける」方がもっと大事!!



主に口を開けることでDFLに働きかけるのです。



後ろから見たDFL




口を開ける力が、股関節周りに影響

口を開けたり、物を飲み込むときに必要な舌骨筋郡は


  • 腸腰筋

  • 股関節外旋筋群

  • 内転筋群


と繋がっています。

これらは、股関節周りにある筋肉です。



太ももの動きや姿勢に影響を及ぼしやすい筋肉で

舌骨筋郡と互いに連動性があるので


  • 股関節周りの筋肉が弱いと ・・・咀嚼する力""弱くなりやすい

  • 咀嚼する力が弱いと    ・・・股関節周りの筋肉""弱くなりやすい


という相互関係にあります。

人体のシステムってすごいですね!


呼吸や歩き方に影響する「横隔膜」と「腸腰筋」

横隔膜とも連動しています。

つまり、呼吸のしやすさと関係。


また、腸腰筋は「脚のつけ根」の筋肉です。

背骨~股の内側につく筋肉なので、

姿勢や歩き方にも影響を及ぼしやすい。



噛む力は土踏まずに影響を与える

DFLは土踏まずを支える、後脛骨筋にも繋がっています。


後脛骨筋がスネの辺りから直接的に「土踏まずを持ち上げている」

これは、下の画像を見たら何となく分かりますでしょ?





つまり、よく噛まない人は


土踏まずを持ち上げている「後脛骨筋」に刺激を与えにくいので

よく噛む人と比べると、土踏まずを支える力が弱くなりやすい。




= 土踏まずが下がりやすい




という関係が成り立つのです。

いやぁ面白いですね!



※詳しくはこちら、画像をタップして記事にとびます。


まとめ

よく噛んで食べましょう!

毎日の食事で健康に差がでるなら やらない選択はないと思います。


食べ過ぎの予防にもなるし、噛んで土踏まずを支えましょう。




0件のコメント