• こば

【整体・整骨】と【靴・インソール】外反母趾にはどっちが良いの?


こばです!



ブログ掲載への承諾を得て公開します。

ざっくり、こんなご相談をいただきました。



「〇〇院で外反母趾の対策をしてもらっています。

また、〇〇トレーニングをして外反母趾の対策をしています。


でも、他所ではインソールを勧められました。

外反母趾を改善するにはどの対策に力を入れるべきですか?」



ありがとうございます!



まぁ、迷いますよね。

いずれの対策にせよゴールを設定しているので

優劣もつけにくいし、でも、どっちが良いのか分かりにくい。


だってどちらも優位性を説いているのだから・・・

というところで今回は、私なりの解釈をツラツラと。






\外反母趾にはどっちが良いの?/ カラダを動かして対策 vs カラダを固定して対策



カラダを動かして対策

代表格はこれらでしょうか。


  • 整体

  • 整骨

  • ヨガ

  • 筋トレ

  • ピラティス...etc


分かりやすく言うと、外反母趾を改善するには〇〇筋を〇〇しましょう!系です。



カラダを固定して対策

代表格はこれらですね!


  • インソール

分かりやすく言うと、足を支えてアーチバランスを整えましょう!系です。



わたしの中の外反母趾対策を考えたら
  • カラダを動かして行う対策は改善に強いけど、効果は弱め

  • カラダを固定して行う対策は維持に強いけど、効果は強くもない


なんや、外反母趾の改善には”カラダを動かして行う対策”さえやりゃええんや!


勝った!

第三部完!!


とも言い難い現状もあります。



外反母趾対策の効果として

カラダを動かして行う対策は、改善への方向に優れます。

ただ、未だに外反母趾で悩む人が多いことからも


運動をしたり、カラダを動かしたら

趾がビシッと真っ直ぐになる!!!!・・・・訳ではありません。

目を動かすトレーニングをしたら視力が改善した!に近いと思います。



もう、何となく分かりますでしょ?



いやいや、〇〇トレーニングをしたら曲がった趾が伸びたという画像があるから!

というお声もあるでしょう。特別解説はしませんが



アレ系の画像・映像は簡単に作れることだけはお見知りおきを。



外反母趾は骨の配置構造に由来

外反母趾の多くは、骨が曲がることで起こるものではありません。

骨の配置が変わったことで曲がって見えるのです。


外反母趾になりやすい・骨の配置に影響しやすいのが距骨下関節の過回内。

分かりやすく言うと、足の内側への傾きです。




ざっくり解説すると


足が内側に傾くことで土踏まずが下がります。

足が内側に傾くと、足の内側に様々な力がかかりやすくなります。

その影響を受けやすいのが、足の最も内側にある親趾です。




ここで注目したいのは、自分の重さ

蹴り出しの力などもそうですが、 主に自分の体重が足にかかることで足に負担がかかります。


某ネコのようにりんご3個分の体重であれば影響は少ないのかもしれません・・・

でも、国民の平均体重から考えて大人は50kgぐらいあると思います。



足の骨は主に靭帯で支えている

足は筋肉で支えている部分もあります。


ただ、足を通る筋肉の太さから見ても

最低50kg近い体重を支え、元の位置に押し上げる力を これらの細い筋肉で、安定的に疲れず出せそうですか?


わたしは難しいと思います。


※体重がりんご3個分の方は除く


だから、筋肉のように伸び縮みしすぎない 骨と骨とを直接ガチッと繋ぎ止め、支える靭帯が必要です。



ただ、靭帯が伸びた!という表現が昔からあるように 靭帯というのは機能再生が難しい部位です。

一度緩んだら元に戻りにくい。



また、元々体質的にゆるい方がいます。


※靭帯のゆるさは東大式関節弛緩性テストでチェックしてみましょう!



靴・インソールの目的は靭帯の代わりに支えること

これに尽きると思います。

緩んだ靭帯の代わりに道具で支えるので

外反母趾という骨の配置の乱れに起因する症状に




靴・インソールが非常に相性が良いのです。




でも、


  • 筋肉をきちんと動作させるため

  • 使いにくかった筋肉を使える状態に戻すため

  • 適切な歩き方に必要な筋肉を、適切に過不足なく使うため




筋トレやストレッチは超大事!



まとめ

外反母趾は骨の配置に由来して起こりやすい症状

足の骨を支えるのは主に「靭帯」と「筋肉」

とくにメインで支えるのは靭帯。


また、靭帯は緩んだら元に戻りにくいし

元々体質的に緩い人も多い

=インソールで靭帯の代わりに支えると効果的



でも、筋トレやストレッチをしていることで

安定的な力がだしやすいので、歩きやすさや安定感につながって大事



ざっくり言うと、足を支える


  • 靭帯の代わりに        靴・インソールが効果的

  • 足を支えつつ力をだすために  筋トレ・ストレッチが効果的



結論

両方大事な療法



0件のコメント