【結論】小学生でも分かる、インソールよりも靴が大事な理由


こばです!


〇〇で悩んでいます どのインソールが良いのでしょうか?

大まかにこのようなご相談が多いです。

以前も解説したのですが、足で悩んでいるのなら



まずは、インソールよりも靴が大事!



単純に大きさが違いすぎるからです。

靴で解決できなかった時にインソールの出番なのです!


※ご相談にはお悩みに適したインソールもお伝えしてます。順番の問題です。



ざっくり見て、さくっと理解しましょう!



靴とインソールの厚み

まず、ここに一般的なランニングシューズがあります。


これに合わせて、5分ぐらいでシンプルに作ったインソールがこちら



厚みを計ると

靴底はおおよそ 30mm


インソールはおおよそ5-6mm


その差はだいたい5-6倍


靴とインソールの位置関係

インソールは靴の中に入れて使いますね!

つまり、上から


  1. インソール

  2. 靴底

  3. 地面


という位置関係になりますよね?



これを踏まえて考えてほしいのですが

どんなにインソールが良くても

靴底が硬かったり、柔らかかったら効果は出しにくいと思いませんか?



例えば


厚い靴底がこんにゃくのように柔らかいとします。


この上に、硬く薄い板というインソールを乗せ自分が乗ったとします。

どの程度安定しそうですか?


おそらく、グニャグニャ動いて立ってられないですよね?



逆に、厚い靴底が硬く


薄いインソールがこんにゃくのように柔らかかったら

どうでしょうか?


安定はするけれど、靴底が硬くて

薄く柔らかいインソールであっても足が痛そうだな・・・


って思いませんか?



そう、厚みが5-6倍も違うと 靴底のかたさで大部分が決まってしまうのです!




だから、インソールよりも靴の方が大事なのです。



インソールが得意なこと

とは言っても、インソールが得意なこともあります。


  • 足裏の気持ちよさ

  • 足裏にかかる力の分散

  • 足裏にかかる力の誘導 など


ここも突き詰めていくと色々なことができるのですが、それはまた別の機会に。



注意してほしいこと

靴の安定感は主に靴底の


  • 高さ

  • かたさ


で決まります。また、インソールを履いてもらったら


  • 〇〇ができました!

  • 〇〇な動きになりました!


なんて宣伝をよく見かけますが、足裏にインソールを貼って それだけで歩く人なんていませんよね?

みんな靴を履いています。



もちろん、インソールの機能としては素晴らしいのかもしれませんが



靴を履いた時にどうなるのか?



が最も大切ですし、結局は靴底次第で結果は大きく変わります。

そう、上で解説したこんにゃく理論のように。



これを踏まえると、インソールの考え方は・・・明日解説します!




まとめ

インソールより

何倍も大きな靴底は

影響力も何倍も大きい

だから、インソールよりも靴底のほうが大事!