• こば

【身体の裏ワザ】足の指を開くコツは脚にある。伸ばせば勝手に開くカラダのつながり。


こばです!


足の指を開きたい!

外反母趾など、縮こまりがちなお足の方からのご相談が多い項目です。

ご相談者さんにお聞きすると、涙ぐましい努力をされている傾向にあります。



ネットで見かけた


  • 筋トレをした

  • ストレッチをした

  • 足指の間にものを挟んで生活をした


それでも、足の指は中々広がらない。

という時にわたしのところにたどり着かれるそうです。

SEO対策の甘さを感じる瞬間です・・・





ただ、あることをお伝えしたら

多くの方の「足の指が開きました




足の指が開くと


  • 安定感が増す

  • 楽に早く歩ける

  • 立っていてもふらつきにくい


など様々なメリットを得られます。



今回はその簡単なコツをざっくり解説。

さくっと見て、さくっと覚えて活かしてください。




アキレス腱を伸ばすと、足の指は開く

これは、実際にやってもらうのが分かりやすいのですが



基本的に足首の角度によって趾の開きが変わります。



さしより、わたしがやってみます。



まずはふつうの状態。

5本指ソックスを履いていますが

それでも趾の間に隙間が見えますね!



次につま先を下げた状態

つま先を下に向けただけなのですが

足の趾がグッっと集まって【縮こまっている】のが分かります。



最後につま先を上げた状態

つま先を上に上げただけなのですが

足の趾が【ぱっと開いている】のが分かります!




実は、人の足は足首の角度によって



自動で趾が開く構造になっています


やってみてください。

そしてこれは、手も一緒です。




趾の開きの考え方

「趾の間に手の指をつっこんで無理に広げる」のも悪くないのかも知れません。しかし、これは趾周りの靭帯への影響も大きく、誤解されがちなのですが、足の指が開いていないことは「悪」ではありません。



必要だから、足の指が開いたり、閉じたりしているのです。

足の指が開きっぱなしだと、蹴り出しの弱さ、足の横アーチの低下にも繋がります。

つまり、ずっと開いているのもそれはそれで問題なのです。



何やかんや言うてますが、そもそも


自動で開閉する機能が備わっているのなら、まずはそれを活かそう!



という話です。

それでも厳しかったらストレッチなどの対処を。



今回考えたいのは「つま先を上げる」こと。

足の指がぱっと効率的に開くからです。


つま先を効率的に上げる筋肉

大きく2種類の筋肉へのアプローチが重要


  1. 前脛骨筋 (つま先を上げる)

  2. 下腿三頭筋(つま先を上げる筋肉の拮抗筋) 


特に大事なのが後者

下腿三頭筋(ふくらはぎ)は踵の骨に「アキレス腱」となって付着します。


アキレス腱が硬いとつま先を上げ下げしにくい

アキレス腱が硬いという事は、つま先を上げて趾を開かせにくい状態です。 ですので、まずはカラダの環境整備の意味も込めて

アキレス腱をしっかりと伸ばして柔軟にします!




実際にご相談者さんに毎日アキレス腱伸ばしをして頂いたら


  • 趾が開きやすくなった。

  • 疲れにくくなった。


というお声を頂きました!


足の指を開くためにはアキレス腱伸ばしを。 運動不足を感じている方には特におすすめです!



ストレッチボードがあると、ちょっとやりやすいかも


気が向いた時に乗ったりギュッと踏むことで アキレス腱(ふくらはぎ)を伸ばしやすくなります。



レビューも悪くなさそうです。


0件のコメント