【靴ひも】最後の通し方を変えるだけで履き味が確実に良くなる!おすすめの靴ひもも。


こばです!


靴ひもをしばってもフィット感がいまいち・・・

そんな時ってありませんか?

大半の人は靴ひもを飾りだと思って


  • スリッポンのように履く

  • 靴べらを使う


こういう方が多いと思うのですが、今回は



コバ靴店のメイン層であり

しっかりと靴ひもを結ぶ方が多い

足のトラブルに悩む方に向けた内容です!



インソールの効果に大きく関係するので

「足の痛みを減らすために靴ひもを結ぶ!」 というのが、体験をもってご理解頂けているからだと思います。



・・・余談はさておき、靴ひもの通し方によって

フィット感は大きく変わります。




靴ひもの通し方はシンプルだけど見落としがち


ギュッと靴ひもをしばっても

  • 足が前にすべる

  • 踵の抜け感がある

  • 何だか歩きにくい

このようなご相談に対して


「ちょっとお足元失礼しますね!」とお伝えして

片足3秒ぐらいで対策をしたら



「全然違う!!!」


とおっしゃって頂いた

靴ひもの通し方をざっくり解説します。




一番上の靴ひもは、内から通す


ようはこういうことで


良い例はこれ!


ダメな例がこういうこと!



違いと効果は一目瞭然で



一番上のヒモを内から通すと


【靴のベロをグッっと足に押しつけるように固定しやすい走路

ですので、フィット感が非常に良くなるのです!!



でも、



一番上のヒモを外から通すと


【靴のベロをグッっと足に押しつけるように固定しにくい走路

ですので、フィット感を得られにくい。



=歩きにくいし、踵が抜けやすい



という不都合が起こりやすくなります。



道具には使い方があります

窓を全開にして暖房を最強で使っても

部屋って温まりませんよね?


道具は適切に使うと、適切に応えてくれますよ!



靴ひもがめんどくさい人に

結ばない靴ひも「キャタピラン」がおすすめ!


これだけは信頼しています。


一昔前に流行ったアレですね。

安い類似品がたくさん出ているのですが

やっぱり本家の「キャタピラン」はめちゃめちゃ良い!


解けにくいし、足をしっかり抑えてくれる。


このゴム紐丸いところが紐穴に引っかかることで 意図した締め付けを叶えてくれます。


ですので、


当たって痛いところ

=ヒモの間隔を長めにして締め付けを弱く



当たって痛くないところ

(フィット感に影響する足の甲周り~1番上の紐穴 など)

=ヒモの間隔を短めにして締め付けを強く



という風にしてあげると履き味が良くなりやすいです!




一般的な靴ひもでは難しい


  • ヒモの張りの強弱の維持

  • ヒモの締めつけを部位ごとに明確に分ける緩急とその維持

が「ゴム紐で、丸い輪っかで紐穴に通す構造」だから実現できます。

他にはない最大のメリットです。




また、外反母趾の人にもおすすめ!


実は、このお声を頂いたお客様の靴ひもは「キャタピラン」に変えています。

わたしが「キャタピラン」に信頼をおいている最大の理由です。


近々、キャタピランの便利な使い方講座もやってみようかな!

と思っています。


・・・後半の熱の入り方がおかしい