【靴調整】いつもの靴を「もっとフィットさせて、歩きやすく」シンプルな靴調整【セルフ】


こばです!



今回は、「靴をもっとフィットさせる」セルフ調整の紹介!



こんな人におすすめ!


  • もっと歩きやすくしたい!

  • 靴をもっと足に合わせたい!


早速やっていきましょう。


※相性の良し悪しが出やすい部位です。

ふだん接触しない部位なので、違和感がでやすい。

細かな工夫は各自必要。



準備物
  • クッションシート (厚みは2mmぐらい) ※100円ショップのEVAシートがおすすめ!

  • 両面テープ

  • ハサミ    


ゴールから見る

最終的にこのようにしたい。


※足の外側に貼っています。

※誰でもできるように角を落としていません。

 違和感の大きい人は角を紙やすりなどで削ってください。




目的

足の外側のここを埋めて、フィット感を良くするため。

※第5中足骨基部~足根骨にかけての凹み。



いわゆる外側縦アーチ

ここがキュッと絞れた形の足の人が多い。

蹴り出し直前の動作時に踵が動きやすい人におすすめしやすい。



ここをフィットさせるのは難しい


  • ひもを締めても、やや遠いから締めにくく

  • 踵周りが細めの靴 or 靴の踵のカウンターが長めでも抑えにくい




足に合いにくく、合わせにくい ここを合わせるのが今回の目的




ここが合うだけで、履き味全般が途端に改善し出す人が多いです。

簡単にできるのでやってみてください!




もっとキレイにしたい人は・・・

ちなみに、材料から察した方もいたように

クッションを貼るだけのシンプル作業です。


フェルトを上から貼るとプロっぽくなる。

テープ付きのフェルトも100円ショップにあるので買おう。




実践

  • 足の外側のでっぱり

  • 外くるぶし


この間にハマるような形にクッションシートを切りましょう。





スポンジとハサミを用意

※わたしは切れっ端を利用



足に当てて、ざっくりサイズ感を測る



大まかにカット



適当に角を丸く切って



両面テープを貼る




足とクッションをつける




そのまま靴を履く




パッドを押さえながら靴を脱ぐ




パッドを裏返して貼る



余談ですが・・・

これぐらい大きく、雑でも効果は感じやすい。



フィットしにくい部分をフィットさせると

もっと、靴が足に吸い付くような履き味になります。


もちろん、素材の硬さ、位置、厚みの好みは個人差です。

履く靴によっても変わります。



あと、大事なことなので2回言うのですが・・・

違和感のでやすい部位です。

ふだん接触しにくい部分だから!

相性問題がハッキリでやすいので、苦手な人は




こういう考え方もある!




程度に捉えてスルーしてください。

靴によっても感じ方は変わるし、パッドの形でも変わります。



選択肢の1つです。




紹介したこれが正解ではありません。

ただ、基準にはなると思います。

ぜひやってみてください。



難しいなぁ・・・という方へ

福岡県内であれば訪問してお作りしています。

また、今回の調整はあくまでも初級者向けです。

誰でもできる内容をお伝えしております。



わたしが実際に調整する時は、もっと上のことをします。



もっとお足やお身体に合わせております。

お気軽にご相談ください。