• こば

【Amazon・楽天】試着・交換サービスの使い方。通販でも失敗しにくい令和の靴選び【返品】


こばです!



質問

〇〇でネット注文をした靴が合いませんでした。
どうにかして履くべきですか?

答え

A 返品 or 交換しましょう!


条件はあるのですが、


  • Amazon

  • 楽天


のような大手通販サイトでは

靴の返品・交換が可能です。




※結論から言うと



返品できるAmazonで買おう!






Amazon

https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4615721051



楽天


※楽天は交換が可能です。


https://brandavenue.rakuten.co.jp/guide/shoes_exchange/





返品できる条件・方法

Amazon


返品は簡単ですね!

注文履歴から返品受付をするだけです。

また、Prime会員の人であれば返品できる商品の選択肢が広がります。



Try Before You Buy

の中からも選べるから!


https://amzn.to/3MecbFj




条件




価格の横に返品無料って書いてあれば、返品無料です。

Amazonには一般のお店も出品されています。

最近は、謎の中国商品ばかりでしょ?



Amazon以外が出荷・販売しているものは「返品できない」ものがあります。

購入前に必ず「価格の横に返品無料」と書いてあるかチェックしましょう!




返品できるのは30日以内


詳細は返品無料のところをタップして確認!


※当然、著しい汚れや損傷などがあれば不可だそうです。

家の中でちょっと試す程度にしましょう!

確実に返品するために。




交換できる条件


楽天


楽天も交換が簡単ですね!

ただ、最も重要なことが、




返品ではなく、交換です。

サイズが違った場合に利用しましょう!




※返品は各販売元のショップメニューからご確認を。

  • 「よくある質問」

  • 「FAQ」


どちらかに書いてあることが多い。


https://brandavenue.rakuten.co.jp/guide/shoes_exchange/



条件


公式サイトから引用

対象となるアイテムは、靴(サンダル・ブーツなどを含むシューズアイテム)のみとなります。

・同一商品(同一の商品ページに掲載されている商品)のサイズ・色の交換が可能です。 別商品との交換はできませんのでご了承ください。

・ご連絡時に交換希望の在庫を確認させていただき、在庫がある場合のみ交換をお受けいたします。

・1商品につき1回までご利用が可能です。一度交換をした商品は、その後の再交換はできません。




おすすめは 返品しやすいAmazon

さすが世界のGAFA

往復の送料まで負担するのは一般企業には無理です。

返品って赤字になるだけで、一円も売上になりませんからね。



組合など団体で入れる、とても安い法人料金であっても厳しい。



また、靴の箱って思ったよりデカい。

それをダンボールで包むと、よりデカい。

そうなると送料もデカい!!!



・・・それでもやってくれるのは単純に凄い。



楽天は「商店街」みたいなものです。

細かなサービスの連携面では難しいところがあります。





まとめ

令和であっても、靴は試着をしてから買おう!



・ おすすめは「Amazonの返品サービス」を活用すること。

だいたいの靴が気軽に送料無料で試せる!

人に合わず、雨の時期にも使いやすい。



・ 楽天は交換できる!

サイズを間違えたときにも無料で交換できるので楽天も便利!



いずれも室内で試着し、傷や汚れをつけないことが最重要。

0件のコメント