あれ・・・ローファーって明確に「足に悪い形」があるのかも。


こばです!


昨日は


  • マジ軽ローファー

  • 洗えるローファー


これらの違いについて調べていました。

https://onl.sc/Xi9XxzS

上のURLタップで読めます。



そんな中、目に入ったのが様々のローファーの形

やっぱり比較したくなってくるんですよね!

他社さんと!


というか、店で見て薄々気づいていました。




ローファーって足を壊す形してるよね・・・




※成長期のお子さんの足に履かせることの多い靴です。

こだわると「後々、お子さんの健康面で得」をします


※もちろん物によって違います。

ただ、その傾向がでやすいのかなぁという印象



わたしが危惧したローファーの形

ローファーに限らずスリッポン系に共通するのですが

「足の横アーチを押し下げやすい」形が見受けられる。



足の横アーチとは・・・

足には3つのアーチがあります。

これらのアーチがボヨンと弾むことで


  • 力の分散

  • 衝撃の吸収


ができます。

だから、歩いたり走っても足が痛くない!

その中でもメインとなるのが「足の横アーチ」



足の内側と外側のアーチを「横に繋ぐ」のが横アーチです。

この横アーチがしっかり機能することで

趾のつけ根の痛みに関係します。




横アーチが低下していると・・・


趾のつけ根周りにタコやウオノメがある方は

「横アーチの低下」傾向にあります。


ローファーが横アーチを押し下げる

  • 趾のつけ根辺りで窪みになりやすい構造

  • 厚く硬い革の力強さ


これらがマッチすることによって、


靴の前側がしなり

「足の横アーチ」がある 足の甲~趾のつけ根辺りを


力強く押し下げている



ように見えてしまいます。




絵で書くとこういうの!


横アーチが下がると足裏が痛くなる

トランポリンのようなものです。

トランポリンの高さが低くなるので

「趾のつけ根周りで衝撃吸収がしにくくなります」


これが「足裏の趾のつけ根周りの痛み」に直結しやすいです。



また、場合によっては 成長期のこどもの足を 強い力で上から抑えている訳です。


  • 足の変形

  • 歩き方の変化


このような事が起こっても不思議ではありません。

そうですよね?


※最悪なケースな場合です。



ただのスリッポンでは起きにくい

一般的なスリッポン構造も 横アーチを上げにくい構造ではあると思う。

でも、押し下げるまでは行きにくいように思います。



ローファーに多い


  • 堅牢な作り

  • 靴の前側の縁を高くすることで生まれる落差


これらの関係がとくに、足を押し下げやすそう。


革の引き込み方による形、単純な低さであったりと これだけではないんですけどね!



おすすめな選び方

靴を前から見て、趾のつけ根周りが


  1. 凹んでいないもの

  2. 凹みにくそうなもの


こういう形なら悪くないと思います。



マジ軽ローファー (【HAWKINS】 ホーキンス SOFT LOAFER HB60021 BLACK)


は甲~趾にかけて丸みを持たせつつ低下しているので

横アーチを押し下げにくい形をしています。

良い靴だと思いますよ!


成長期のお子さんの足だからこそ

ここはこだわりましょう!