こどもにインソールは必要?明らかな異常が見え、痛みを訴えてきたら必要。さらに病院へ。


こばです!


〇〇に見えるのですが 5才未満のこどもにインソールは必要でしょうか?

というご相談。(ブログに上げる許可を得ております)


大事なこどものカラダに気になる点を見つけたら、

どうにかしてあげたい!と思ってしまいますよね。

子を思う深い親心を感じるのですが・・・



きほん的には


  • 明らかな異常が見える

  • 痛み・歩きにくさをうったえてきた


このような時はインソールが必要だと思います。

もちろん、足に合った靴も!


ただ、そうではない場合。

様子を見ても良いのかもしれません。



というのも、



こどもは成長しているから

スキャモンの発育曲線を見てみましょう!


一般的に発育は20歳までとされており

0才~20歳になる間で


  • 身長

  • 体重

  • 筋肉

  • 神経

  • リンパ など

が成長をします。

それらのおおよその傾向を示したのが スキャモンの発育曲線です。

※成長曲線とも言います。


SGS総合栄養学院 様より引用


5才未満は著しい成長途中にある

0~4才にかけてグンッ!と全てにおいて 急激な成長をしているのが分かると思います。


成長途中にあるということは、カラダがまだ柔らかく 安定していないということ。




成長途中にあるからこそ、成長の終えた

大人のカラダ基準では異常と思われる姿勢になりがちです。




でも、これは正常です。


こどものカラダは様々な影響を受けて

紆余曲折を経ながら成長していくからです。

その、紆余曲折のワンシーンだけを見て判断し対処するのは



こどもの成長の妨げになる可能性があります。



インソールがとくにそう

インソールが得意とするのは、カラダのバランスを整えること。



5才までの子は成長しながら


「こうかな?」

「もっとこうしたら良いかな?」


と試行錯誤をしている過程にあります。

そう、早い段階でインソールでカラダのバランスを補助してあげたら


  • しっかり歩く

  • しっかり立つ

  • 速く走る


これからの生活で必ず必要となる機能の、成長の妨げになる可能性があります。

インソールありきの姿勢が定着する可能性があるからです。


※インソール程度があっても、なくても最終的なゴールは変わらないかもしれない

と思うのですが・・・



こどもの足はみんな違う

また、こどもの足はみんな違います。

それぞれ異なる変化をしている傾向があるので


異常 or 正常の範囲内なのか?


の判断は非常に難しいです。

足・靴の勉強していてもその個人差の大きさにはいつも驚かされます。

それほどまでに、判断は難しい。



歩き方を見て


  • 大人なら2秒で出す答えも

  • こどもならちょっと考え込みます。


それほど色々なことを考えてしまうのです。



何が言いたいのかというと、プロでも難しく感じるので

困ったら病院に相談されるのがおすすめ!


極端に歩き方がおかしいな・・・

と思われたらインソールや靴の見直しを考えてみましょう!


もしくはカラダに詳しい靴屋、インソール屋に見てもらいましょう。

※靴の中だけ見て、インソールだけ売っているお店は要注意 インソールよりも靴の方が大きな影響を与えるから。



もちはもち屋です。