• こば

この靴は危ない。街で見かけたお婆ちゃんに感じた靴による危険性。


こばです!



シルバーカーを押しながら歩く高齢者に焦りを覚えました。

単純に見るからに危険だったからです。


それは、押し方や道路状況というものではありません。

グラグラ足元を揺らしながら歩く要因の



「靴底の形」に恐怖したのです。



後ろから見た靴の形

人によっては全く気にもかけない形だと思います。


でも、わたしはシルバーカーを押すお婆ちゃんの靴が

「命を刈り取る形」に見えてしまいました。



それがこんな形の靴


参考文献はこちら



とは言っても「何のこっちゃ?」と思われたかもしれません。

ですので、今回は「靴底の形」を見比べてみましょう!



どのような靴がより安全なのか!



安全性を考えながら、靴の形を比べてみよう!

まずは靴底の高さ


  • 靴底が低い靴

  • 靴底が高い靴


どっちが安全ですか?

もちろん、靴底の低いほうですよね!

靴底が高いとグラグラしてしまいそうですからね!





次に靴底の高低差


  • 靴底に高低差がない

  • 靴底に高低差がある


どっちが安全ですか?

どちらかというと、靴底に高低差がないほうですよね。


多少踵が高い分には楽に感じる人もいます。

歩きだしがちょっと楽だからです。


でもそれは安定性ではなく、不安定要素がそうさせる傾向にあります。


※筋肉の状態やら云々もありますが、個人差が大きいのであくまでも

重力下における構造物の安定性を基準にしています。



次に靴底の広さ


  • 靴底の狭い靴

  • 靴底の広い靴


どっちが安全ですか?

これは分かりやすい!

もちろん、靴底の広い靴ですね!


感覚的に分かる!




ざっくりまとめると

  • 靴底が広く・低いほど安全

  • 靴底が狭く・高いほど不安定


何を当たり前のことをドヤ顔で語ってるんだ!?

と思われるかもしれませんが、この当たり前が本当に大事だからです。



当たり前繋がりですが、どんなに若くて元気な人でも

竹馬に乗ったらフラフラします。

当たり前ですね!



どんなに若くて元気な人でも

靴底が狭く、高いものを履いたらフラフラします。

当たり前ですね!



人は歳を重ねるほど、カラダが弱ってフラフラしやすい。

当たり前ですね!



カラダが弱ってフラフラしやすい高齢者に

フラフラしやすい靴を履かせたら危険です。


当たり前のことだからです。



勧めるならこのあたり

もちろん、身体能力次第で選択肢は変わるのですが



室内履きならムーンスターのこれ


屋外ならこういう形


靴底が広く

靴底の高さが低く

靴底の高低差が低い


こういう形はおすすめしやすい!


もし、自分が50歳までにケガをしたと過程したら


finncomfortを履くか、NBの996のヒモを外してゴム紐キャタピランに変える。

これで擬似的にスリッポンにして履く。


もしくは雪駄やワラーチ。

ワラーチが良いかな。




悩ましい。



高齢者の靴選びは理論を持って行うと安全・安心です!

0件のコメント