• こば

なぜ日本人は紹介しないの?ワラーチの歴史を考えたら絶対かけるべき一手間

こばです!


ワラーチ生活2日目となりました。


こんな感じでインソール調整などで より履きやすくなるようなアレンジを模索しています!


今日も昼から予定を見つけてはワラーチで歩いて出かけながら

ワラーチと自分の足のクセと対策を考えていたら、ふとある事に気がつきました。


ワラーチはタイヤを切り出して作っている

ご存知の方は何を今更言ってるの?

と思われているかもしれませんが、よく見て考えて欲しいのですが


こちらの動画から引用


あの丸いタイヤから切り出すということは

どう切っても必ず、ソールの形は絶対に半円になりますよね?






そう、実際に切り出した下の画像のように


そして、最近の


・スピードの乗りやすいランニングシューズ

・歩きやすいと言われるシューズ


は基本的にこのような船底になっているものが主流です。

マラソンや駅伝でも、厚底シューズがバンバンと好記録を叩きだし

多くの選手が【ピンク】or【グリーン】のあの靴しか履いていない!


なんてブームがあった事も記憶に新しいと思います。


※あの靴ではないのですが、こんな感じの靴です。

※【走りやすい ランニングシューズ】などで画像検索すると このような船底の靴が多くヒットします。


今現在、スピードを出して走りやすい靴の特徴の1つに 靴底が丸い形をしている!というものがあります。


まるで、タイヤを切り出して作るワラーチのような形ですね!



本場の作り方を真似するのであれば

ワラーチの靴底は丸くなっているべきなのです!また、 速く走りたい! 速く歩きたい!


という人にも丸い靴底はおすすめなのです。


回ワラーチを製作するにあたり日本語で解説しているものが

主ですが、たくさんの製作方法を見てきました。


しかし、そのほとんどの人が真っ直ぐな板のビブラムソールをそのまま使用されています。



WHY JAPANESE PEOPLE!?



本場のやり方を踏襲したいなら曲げなきゃダメよ!靴底を!!

ましてやランナーが使用するなら求めなきゃ! スピードを!



という事で、本家本元である

メキシコ北西部のアメリカ州先住民族のララムリに思いを馳せながら


靴底を曲げる調整を施しました!

やり方は簡単です!


ヒートガン(ドライヤーでも可、噴射口に近づけて使う事)で

趾のつけ根辺りを底から5秒程度炙り軟化させます。


その後、このように曲げて30秒程度キープしてあげると完成です!



とりあえず前だけ行ったのが、こちら!



前だけ曲げても、このように足にフィットするようになりました。

ただ真っ直ぐだったあの板が!


その後、後ろも行ったのですが、


履き味が随分と良くなり非常に歩きやすく、動きやすくなりました!

また、つま先が上がることで地面に引っかかる事もなくなり

わたしの中では必須級の調整の1つだと思っています。


まとめ

本家本元に習い、靴底のつま先と踵側はちょっと上に曲げる。 この一工夫は履き味と動きやすさに大きく影響する!

方法はヒートガンで熱して曲げて30秒キープ


ワラーチの世界も中々に面白いです!

今はインソール調整と装具製作の要領でプチ加工することにハマっています。


こばでした!

0件のコメント