はじめの姿勢が整うと歩くのが楽になる話

こばです!


何事においても構えってありますよね?

想像しやすいのはスポーツですね!


  • サッカー

  • 野球

  • 柔道 など


さいしょにとるべき基本な姿勢ってあると思います。

でも、よくよく考えると


  • 箸の持ちかた

  • 鉛筆の握りかた

  • イスの座りかた

  • アーク溶接のやり方


など日常生活で必ず行う動作であっても



まず、〇〇しなさい。

というはじめの姿勢から教えられたと思います。

これを教える理由は効率が良いから!



そして、歩くことも同じように【きほんの姿勢】が存在します

はじめの姿勢が整うと歩きだすのが楽になるのです。


なぜって?歩くのに効率が良い姿勢だからです。



今回は、足に絞った効率的な

はじめの姿勢と、画像で足を見る合理性を解説。



 

傾きの少ない足は前に進みやすい


歩くという動作は、前に進むため

前に進むための効率を考えたら、足がまっすぐに近いほど効率的です。



もし、足が内に傾いていたら

足の軌道は内~正面(人によっては大きく外に動いて揺り戻しで正面)

もし、足が外に傾いていたら

足の軌道は外~正面(人によっては大きく内に動いて揺り戻しで正面)


でも、足がまっすぐだったら

足の起動は正面~正面



足がまっすぐブレなく動けていると効率が良さそうですよね?

まさしくそうです!


ですので、


  • 楽に歩きたい

  • 効率的に歩きたい

  • きれいに歩きたい


となったら、動いている時の動作をいじるよりも

そもそもの動き出す姿勢を整えてあげると上手くいきやすいです。



だって、ここの改善がなかったら

さいしょの一歩の時、上に書いたような足の軌道になりがちだからです。


また、


歩く時は

  • 〇〇に注意しましょう!

  • 〇〇が〇〇にならないようにしましょう!

  • 〇〇の時に、〇〇できていたら良い姿勢!


なんて言われても、複数のことを意識しながら歩くなんて無理じゃないですか。

意識していたらできるけど、無意識ではできませんよね?


  • 正しい箸の握り方

  • 根性による、ねこ背の改善のように。


※今回は足に焦点を絞っています。

歩行においては股関節周りなど大切な部位がたくさんあります。

でも、今回はあくまでも【足】という限定的な話にとどめております。



動き出しを見るのに最適なのが画像

そもそもの止まっている【足のはじめの姿勢】を見ることである程度の判断ができます。

雑な話、足に極端な曲がりが見えたら、そこを改善してまっすぐに近づけるのです。


イベントの時は【王様ランキング】の最新話が出た時と同じぐらい、絶対に見ています。



わたしの中で視聴率200%です!

(2回は見ます)



足のはじめの姿勢は道具で整う

基本的に足に起こる傾きは筋肉の影響もありますが

そもそも、靭帯の硬さが影響していることが多いです。


また、聞いたことありませんか?

靭帯が伸びたって言葉。



そんな言葉があるように、機能再生が難しく、元々緩い人もいます。


靭帯のゆるさについては以前、こちらでも解説しました。


そうなってくると、自力でどうこうしよう!というのが難しい。

ですので、眼鏡やコンタクトレンズのように道具で補ってあげると効率的!





歩き方が気になる人へ

まず、お足を後ろから見てみてください。

もし、大きな傾きがあったら、その改善があなたにとって 楽な歩行になる、はじめの姿勢なのかもしれません。



難しい時はご連絡頂きますと無料で見ておりますので お気軽にご相談ください~






こばでした!