もう、靴に正解を求めるのはやめよう。正解主義ではなく修正主義な靴選び


こばです!


10年弱ぐらいでしょうか。

靴・インソールに関する業界にいるのですが

前々から不思議に思うことがあります。



みんな『靴に正解を求めすぎ』じゃない?





靴はきほん的に足に合わない



例えオーダーメイドであっても合うとは限りません。

それは、足のサイズが毎日朝晩でも変わるからです。


※採寸した理想をそのまま 過不足無く形にするのは難しいです。


材料の問題、作業ミス、足の変化など1から作ったとしても 何かと妥協ポイントが多いのが『靴作り』です。

これぐらいなら良いやは正常な判断!


靴は作ったとしても合いにくいので あなたの足型通りに作っていない市販の靴が あなたの足にバチッとハマる『正解な靴』は存在しないのです。






だから、市販の靴でも オーダーメイドシューズのように 許せる妥協ポイントをさぐり


  • どう合いにくいのか?

  • どう修正したら良いか?


に焦点を当ててそこに対策する! 自分にとって履きやすくし、最終的にとことん履いて足になじませる

という修正主義な靴選びが何より大事だと思います。







履き馴染んだ靴に勝るものはない


経験上、何となく分かると思いますが 『履き馴染んだ靴』の履き味って最高じゃないですか? おろしたての靴でここに勝てる靴って中々なかったと思います。



『履きなじませる』という行為も修正です。

足の形に合うように靴を伸ばしなじませているのです。



また、履き始めに履き味が良かったものは 途中から合いにくくなることありませんでしたか? 使い続けることで足も変われば靴も変わるのです。



だから、足に合うように修正が必要なのです。


  1. インソールで足を支える

  2. インソールで厚みを調整する

  3. タンパッドでフィッティング調整

  4. 靴の中にその他パッドを貼って歩きやすくする


などをすると、さらに履き味が良くなる。



タンパッドはMOWBRAY

ペダックのどちらか好みで良いと思います







理想を順に話すとこのような感じ


  1. ある程度履けそうなフィット感の靴を選ぶ

  2. 不都合のある分をインソールなどで微調整する

  3. しっかり履いて靴をなじませる

  4. 途中で不都合を感じたら2に戻る


まともな靴屋は2前提で靴を提案するし、

1の履けなさそうな靴を、ある程度履けるようにできます。


だから、靴選びは靴屋に任せると上手くいきやすいのです。

活用しましょう!




最初から最後まで足に合い続ける靴は無いと思います。

いやいや、自分の靴は~~という方に微調整すると

『もっと履きやすくなった!』


というお声を頂きます。

慣れってそういうことです。

自分を知って、自分の弱点に対策してみる。



意外と不足していたことに気がつくのも 靴の醍醐味の1つですよ!



まとめ

もう、オーケストラ型の正解主義な靴選びをやめませんか?

足に合わせて柔軟に対応する、ジャズ型の修正主義な靴選びをおすすめします。