• こば

ウオノメが痛くない !? そんな立ち方

こばです!


立っているだけでズキズキする

お客様から受けたご相談です。 この方は足裏のウオノメ、特に


・趾のつけ根底

・趾先


にあるウオノメで長くお悩みだったそうです。 ただ、ちょっとした意識を持っただけで痛みが和らいだそうです。


ウオノメの痛みは非常にご相談の多い症状です。

まず、ウオノメを簡単に解説するとタコから派生したものが多いです。 → 足裏に局所的な力がかかる → そこの皮膚が厚く、固くなる(タコ) → その硬い皮膚がカラダの内側に向けて発生(ウオノメ) → 体重がかかると痛い!!!


おおよそこのような流れで生まれるのがウオノメなのです。

ざっくりと 痛くない肥厚した角質=タコ 痛い肥厚した角質=ウオノメ


と思って頂いて結構です。


足裏は非常に繊細なことは誰しもご存知かと思います。

靴の中に数ミリ程度の小さな石が入っただけでも 気になって仕方のないほど大きな不快感がありますよね。


ウオノメはそこに痛みが加わるので その不快指数は計り知れないものがあります。


今回は、お喜びの声が多かった


ウオノメが痛くなりにくい立ち方の解説です

答えから言うと以下の感じです




【内くるぶしの下で立つ意識】を持ちましょう!


基本的にウオノメは【趾のつけ根~つま先】にかけて多く発生します。

いわゆる前足部に多い症状なのです。


そして、前重心傾向で立たれている方にも多いです。


→立っている時の重心が前寄り →足の前側に力がかかりやすくなっている →だから【趾のつけ根~つま先】にタコやウオノメができている。


という方がいらっしゃいます。



この、【内くるぶしの下で立つ意識】を持つことによって 適切な重心位置で立てやすくなります。


もし、あなたのウオノメの痛みがこの立ち方によって 少しでも解消されたのなら


あなたがすべき事の1つは【重心位置の見直し】です。

カラダに詳しい人に相談し、必要な筋トレやストレッチをやってみましょう!

ちなみに、わたしの場合は靴やインソールで あなたにとって適切な重心位置で立てるように調整しています。


こばでした。

0件のコメント