カラダの悩みを「筋肉」だけで解決しようとしない理由


こばです!


〇〇な悩みには〇〇筋肉を鍛えましょう!

というフレーズに聞き馴染みありませんか?

個人的にも良い対策だと思います!


でも、それだけで解決しようとするのは勧めにくいなぁとも思います。

というのも、そもそも大前提として




筋肉で解決する悩みは、筋肉の劣化で再発する。




可能性が高いからです。

言い換えるのなら



「解決したカラダを保ちたいなら死ぬまで筋トレしましょう!」



ということだと思います。

そう思いませんか?



もちろん、筋肉は大事

鍛えたりストレッチをすることで、カラダの悩みやトラブルが解決する事が多々あります。

ですので、筋肉を増やし、維持するのは非常に大切!


そして、そもそも


  • なぜ、そうなったのか?

  • なにが、そうさせたのか?


が分かっていないと本当の対策は難しいです。



例えば、熱い風呂を冷ましたい。

とします。 その対策として


  • 窓を全開にした

  • お風呂に水を入れた


これによって、ちょうどよい湯加減になったとします。

でも、この原因はそもそも「給湯の温度を高く設定していた」ことにあれば

最善な対策は「設定温度を下げる」ことにありますよね?


カラダのトラブルと筋肉はこの関係に近くて遠い。



筋肉は骨~骨につく

カラダを動かす筋肉は、基本的に骨~骨につきます。


ここで考えてほしいのは、


  • 骨の位置がズレていたり

  • 骨が回っていると


筋肉の走路が変わるということです。

脚の筋肉など長いものほどその影響を受けやすい。




筋肉はヒモのようなものです。

骨の回旋によって走路が変わるということは

骨~骨につく筋肉も同じように回ってねじれるということ。



つまり、骨の回旋に由来して筋肉がねじれたことで


  • 筋肉に負担がかかってしまった!

  • 力が出しにくくなった!


ということが多々あるのです。


これに関しては以前、ご相談の動画でも解説しました。

動画の中のこの1コマ





もちろん、筋肉の状態によって骨が回旋することもあるでしょう。

たまごが先かニワトリが先か問題に近いです。



わたしが言いたいのは

筋肉の問題の根本は、骨にありませんか?

まずは、骨が適切な位置にあることを確認して

必要であれば筋トレをすると最高ですよ!!!!



ということです。




メリークリスマス!!