• こば

前足部の変化は後足部のせい。外反母趾を考える時に絶対に外せないこと


こばです!


お足のご相談をお聞きしていると傾向が見えてきます。

足のお悩みは「前足部」にあることが多いのです。


  • 外反母趾

  • 内反小趾

  • 開張足

  • 趾の痛み

  • 趾のつけ根の痛み


など「前足部」の問題で悩む方が本当に多い。


痛みやトラブルが「前足部」に出ているので

「前足部」に対策行う方が非常に多くいらっしゃいます。


  1. 足の趾をグーパーしたり

  2. 足の趾でタオルで握ったり

  3. 足の趾の間にものを挟んで外反母趾対策!としたり


でも、効果が出にくい方が多いのも事実です。

「こんなに頑張っているのに・・・」

という言葉はたくさん聞きました。




原因は「後足部」にありがち


足や身体の構造的に考えても、力学的に考えても

後足部が前足部に与える影響は大きく、与えやすさも大きい。

ですので、「前足部」の変化の大本は「後足部」にあることが多いのです。



きほん的に人は後ろ体重

力がカラダに影響を与えます。

その中でも切っても切れない関係にあるのが「体重」です。


大人になると50kg以上ある人が多いと思います。

また、歩いたり走ったりすると体重の◯倍の力がかかる!なんて言われます。



50kgってとんでもなく重いですよ!

久しぶりに持つと高確率で腰をいわしますよ!

そんな重さが足にはかかっているのです。



そして、きほん的に人は後ろ体重

後足部に体重も含めた力がかかっています。


分かりにくい人は人体模型で確認を!

自然に立ったら後ろ体重になるでしょ?

だから、後足部に負担がかかりやすい。



これも踏まえた上で骨を見てみると・・・





大きな要因の1つは「距骨」

距骨にたどりつきます。


距骨(きょこつ)は非常に面白い骨です。

骨の常識から外れた唯一無二の存在で、姿勢や健康に関する影響力は 全身の骨の中でもトップクラスだと思います。



最大の特異点は


人体の中で唯一筋肉が付着しない骨



筋肉がつかないので、筋肉による影響を受けにくいのです。

では何で固定されているのかと言うと「主に靭帯」

固定というより制限に近い。



距骨が縦横無尽に動き回ることで 足という骨の塊の結合力を高めたり、緩めて


  • 蹴り出しの強さ

  • 衝撃吸収の柔らかさ


これらに関与します。


また、見てもらっても分かるように

脚と足とを繋ぐ中継地点のような骨です。


  • 足の力を脚につなぐ

  • 脚の力を足につなぐ

  • 足の安定性の土台となる


これらの役目も担うのが「距骨」です。



そう、


  • 足の後ろ側に体重がかかり

  • 足の後ろ側にあり、動き回る距骨は

  • 足と脚とをつなぐような位置にある


それゆえに、非常に力がかかりやすいし不安定。

だからこそ問題も起きやすい。


大きな問題になると、その結果


  • 扁平足

  • ハイアーチ


など足のアーチに由来してきます。

力を受けやすい距骨や踵骨が傾きやすいのです!


人の足はたくさんの骨、筋肉、靭帯、その他軟部組織など

小さいながらも様々な要因で複雑に繋がっています。


  • 繋がったまま、足の後ろ側が傾いたり捻れたら

  • 繋がった先の、足の前側も同じように傾いたり捻れます。


これが、「後足部」に由来する「前足部」への影響です。



これを踏まえてもう一度


「外反母趾を「日本整形外科学会」から学ぼう!」を読んでみてください。

もう少し理解が深まると思います。


下の画像クリックでとべます。



だから、外反母趾対策を考えた時に


  • 足指の運動


というのはあまり推しません。

根本的な対策からやや遠い「前足部」の運動だからです。

後足部に対策をして、さらに運動機能を高めたい時に使う程度です。



外反母趾対策のメインにはなれません。




でも、足の後ろ側の対策はバリバリに推奨します!

負担がかかりやすく、アーチや足の変形に影響する

「後足部」を整える運動だから。


代表格は「アキレス腱」


とりあえずアキレス腱伸ばしをしましょう!




外反母趾対策のカギ

外反母趾でお悩みの方は「距骨下関節の過回内」という状態の方が多い。

これは距骨が大きく内側に傾いている状態です。


これによって繋がっている前足部の内側(親趾周り)に力がかかりやすい環境となります。



つまり、対策の方向性としては

距骨が大きく内側に傾きすぎないようにすること!

「足の後ろ側を内に傾けない作戦が有効なのです」



そのために靴・インソールを使いましょう。

上手くできたらこのような変化がありました!

本当にお困りの際はカラダに詳しい人に任せましょう。



おすすめの靴の選び方



0件のコメント