土踏まずの作り方。上げるより、下げない対策のすゝめ


こばです!



土踏まずを上げたい!

土踏まずを作りたい!!!



このようなご相談をお受けすることが多いです。

ただ、非常に難しいです。



力こぶで想像すると分かりやすいのですが、見て分かる程度に身体が変化するって中々の出来事ですよ。ちょっと筋トレしたからって、力こぶすらそんなに変わらないじゃないですか?それを変えようってんだから並大抵の努力では難しいですよ・・・



ただ、「土踏まずがグンと上がる」のは難しいのですが、「土踏まずが上がったことによる恩恵を受けられるようになった」お客様がいらっしゃいます。おそらく、結果として見るとちょっと上がったのかなぁと思います。





やったことは共通しています。


「土踏まずを上げる努力を辞めて、下げない対策をしてもらった」のです。筋トレではありません。主にストレッチ・意識・身体のコツを理解し、使ったものでそれを維持するためにインソール"も"使いました。




なぜ、下げない対策?


貯金みたいなものです。


✗ 残業を増やしたり、副業する

○ 無駄使いをやめる


無駄使いをやめる方が手っ取り早いし

大変ではないですよね?




水漏れ対策でもそうですね。


✗ 大きなバケツを用意する

○ 原因部位に対策する


大きなバケツを用意しても、もっと水漏れしたらもっと大きなバケツが必要です。




このように、マイナス要素に対策することで いたちごっこになりにくいのです。



  1. 何かを増やす対策ではなく

  2. 何かを減らし効率的に行う対策


に近いので「あなたにとって自然な対策」となりやすいのです。






ざっくり知ってほしい土踏まずの下がり方


「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があるように、土踏まずの下がり方を知らないと対策も難しいです。闇雲に何となくやっても大事なところにアプローチがかからないからですね。



ざっくりでOKです。

ちょっと見てほしいのですが




土踏まずって真っ直ぐストンと下がりません。


  • 外側にスライドしながら上がり

  • 内側にスライドしながら下がります


何故スライドするのかというと、足は約28個の骨が集まってできた集合体だから。そういう関節面なので仕方ないのです。そして、土踏まずの低下が大きな人はこのスライド量が大きな人が多い



つまり、土踏まずを下げない努力の方向は 「足の骨が内側にスライドしすぎないようにすること」です。



※この動きは必要だから行われています。 止め過ぎるのは良くない。 ちょっと抑えるのが今回の目的






土踏まずを下げないコツ3選


  1. 足の過回内対策(インソール・靴)

  2. アキレス腱伸ばし(ストレッチ)

  3. ひざの使い方改革(意識・インソール)




足の過回内対策


足の過回内というのは、いつもよく言っている「足の内傾きのこと」です。読んで字の如く「回内」=足が内に回ることで、「過」=過ぎる、たくさん、大きいという意味ですね。つまり、「大きな足の内傾きを対策しよう!」というもの。





足の傾きを抑える良い靴の特徴


  • 靴のかかとが細く・硬め


体重に抗って支えるのです。支えやすいようにフィットする履き口の狭さ、支える程度の硬さが必要です。摘んで硬かったらとりあえず合格。



インソールでもできる。

でも靴の方が大事!

両方できたら最高。



いつもの靴を足を支えやすいものに変えたり インソールを使って土踏まずを下げない環境を作る。

履物は勝手に整えてくれるのでおすすめ


アキレス腱伸ばしも重要


歩行時、スネが前に倒れることで前進しやすくなります。アキレス腱が柔軟だからできることですね。でも、もし、アキレス腱が硬かったらこの動きがしにくくなります。このとき働くのが土踏まずです。


踵の骨が前傾することで土踏まずを倒します。これによって「スネを前に倒す動きを土踏まずで代償」するのです。ただ、土踏まずは低下してしまいます。



これを避けるには柔軟なアキレス腱を維持することです。 不安な方はアキレス腱を伸ばしましょう。


鍛えるというより、身体の整備ですね!


土踏まずとひざの使い方


足・足の骨が内側にスライドすることで土踏まずが下がります。歩き方で重要になるのが「ひざの使い方」です。ちょっと想像してみてください。



内股でひざを内側に向けて歩いたとき、足にはどのような力がかかりますか?



きっと、足は内側にスライドするような力がかかると思います。歩く時に「ひざが内に入らない」ように気をつけると土踏まずも低下しにくいですよ。










強くお困りの方に試してほしい靴があります。





医療的に対策しやすい靴



物理的に効率的に対策するのであれば、アサヒ メディカルウォークシリーズが頭1つ抜けています。というのも、小児用の装具に「トルクヒール」というものがあります。これは、こどもの内股歩きを対策する靴型装具に取り付ける矯正具です。


スクリュー状のトルクヒールによって、着地をしたときに足が外にキュッと回ってくれるのです。ですので、内股歩きの人、足の内傾きが大きな人に物理的に対策できる非常にユニークなものです。



これを大人用に作ったのがメディカルウォーク


アサヒメディカルウォークより引用



補足 (ちょっと難しい話です)

膝を伸ばすと膝下がちょっと外に回旋します。これは衝撃を吸収するための身体の機構であり、大腿骨と脛骨(スネの骨)の関節面の広さ(脛骨の外側の後ろ側が広い)から起こる自然な動きです。スクリューホームムーブメントと言います。


ただ、筋力低下など諸々の理由でこの動きができない方がおられます。それを誘導し改善する目的であり、内股歩きも改善するというのが「トルクヒール」の役割です。


ちょっと難しいので飛ばしてOKです!




トルクヒールを市販の靴に組み込んだメディカルウォーク


どうしてもお悩みの方は、一度履いてほしいなぁと思います。

これなら長い距離を歩ける!というお声も多いからです。

トルクヒールという唯一無二を試してほしい。


細身のタイプですがAF1645も結構良い

単純に靴として見たときの踵周りが秀逸です。


もちろん、裏はトルクヒール。




パンプスも結構良い。



裏はきちんとトルクヒールだし



インソールを外せるので他の市販のインソールにも差し替えやすい。でも、このパンプスに付属のインソールは悪くないものですのでちょっと試してほしいです。