• こば

土踏まずを支える要

福岡県大野城市のコバ靴店です!


昨日に引き続き土踏まずのお話。

今回はお客様からの問い合わせ等ではなく、


特に扁平足でお悩みの方に伝えたい内容です。



扁平足とは 落ち方に違いはあれど、足の内側のアーチ。

いわゆる土踏まずが低下した状態で、

これによって足の裏に痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。




アーチ構造のものには基本的にキーストーン(和名だと要石)

が存在します。



読んで時のごとく構造のキーとなる大事な物で、

それがある事で


・構成する全てを定位置に固定し

・重さを支える事を可能にする


正しく要です!



レゴブロックで取ったら崩れてしまうピースのような

ものだと思って下さい。



このキーストーンは足のアーチにも存在します!

それにあたるのが 舟状骨



土踏まずを構成する内側縦アーチの最も高い位置にあり、

昨日のブログでも紹介した


土踏まずをメインに持ち上げている筋肉の


・後脛骨筋


が唯一付着している骨です!




この舟状骨に後脛骨筋が付着し、働いてくれることで

土踏まずは持ち上がっているのです。


土踏まずを持ち上げたいのであればこの後脛骨筋を鍛えましょう!



また、次に大事なのが靭帯。


筋肉は骨を動かすもので

靭帯は骨を安定させるものです。


そして、舟状骨には7つの靭帯が付着しています。


①背側楔舟靭帯

②底側楔舟靭帯

③距舟靭帯

④背側立方舟靭帯

⑤底側立方舟靭帯

⑥底側踵舟靭帯

⑦脛舟靭帯



この中で土踏まずを支えるのに最も効果的で大切な靭帯が

⑥の底側踵舟靱帯




別名、スプリング靭帯と呼ばれるこれは

・弾性繊維を含み

・踵骨と舟状骨とを繋ぎ、安定させるもので

・位置的にも距骨を支えてくれるので


足の内側のアーチを保持し、支えるだけでなく、

踵周りの安定にも関与するとても大事な靭帯です!


ただ、靭帯は鍛えることが出来ないので

サポーターや靴下、テーピング等で補いましょう!



まとめ


・足を含むアーチにはキーストーンが存在し

それがある事でアーチは強くなり、安定する


・足のアーチ(内側)のキーストーンにあたるのは

舟状骨になり、それをメインに支えている

筋肉は 後脛骨筋

靭帯は 底側踵舟靱帯

ただし、筋肉は鍛えることが出来るが

靭帯は鍛えることが出来ないので

靭帯はサポーター等で補いましょう!



この要素を知っているだけで足のアーチに対する取り組みが

理解しやすくなると思います!



解剖学的にこれらが最も効率的に土踏まずに関与しているので

これらにアプローチを掛けない治療家さんがいたら注意が

必要かもしれませんね。



こばでした!



コバ靴店

福岡県大野城市中央2丁目1-13

Email: kobakutsu@yahoo.co.jp

Tel: 092-915-0820