姿勢は意識からはじめる。それでも無理なら筋トレを!


こばです!



〇〇な姿勢で困っています。

どのようなトレーニングが必要ですか?


今回はこのようなご相談です。

姿勢の悩みは、靴の悩みと一緒で

どの時代であっても共通するトラブルに思います。



最近の風潮

姿勢の悩み=筋トレやストレッチで解決!



という傾向が目立ちますね。


SNS映えするし、真似しやすいし、動画のしやすさとの関係もありそう。

悪くないし、必要な人には絶対に必要だけど幾つかの矛盾にモヤモヤします。



ざっくり要約すると

まず、西洋医学では大前提として 最も全身の筋肉が収縮しない姿勢を目指すべきとされています。

(解剖学的肢位)




なぜって?楽で背筋が伸びて疲れないから!


カラダという大きく重い物体を動かすのは大変です。

それを自分の筋肉を使って引き起こすのであれば、めっちゃ疲れそうですよね?


筋肉を活動させて姿勢を解決するのは疲れるだけでなく、

そもそもの基準である「無駄な力を使わず楽に立つ」

という考え方と矛盾しているのです。




筋トレの効果が出やすいのはこういう時


  • 寝たきりなど、極度な筋力低下で姿勢に影響が出ている

  • 運動不足で疲れやすい。

  • 動作をもっと楽にしたい!


このような時は筋トレで出力をupさせるのは最高です!


※筋肉はカラダを動かします。

動作を楽にしたいなら筋力アップは効率的です!




余談ですが


ボクシング選手

サッカー選手

極真空手の選手


など筋力に優れたスポーツ選手を見させて頂いたことがあります。


肉体でお金を稼ぐ、稼ごうとするフィジカルモンスターであっても

「姿勢の悪さ」で悩まれる方がいらっしゃいます。


トレーナーさんをつけて筋トレをして、ストレッチもする。

人一倍、二倍、三倍身体に気をつける人でも

姿勢を筋肉で解決するのは難しかったのです。



でも、意識をしてもらうだけで結構変わりました。



※ここでタイトル回収ですね!



解剖学的肢位を行いやすくする意識

幾つかの方法とコツがあるのですが

最も簡単な方法は1つ



「内くるぶしの下で立つ意識」



上で解説した解剖学的肢位で立つコツの1つです。

やってみましょう!



あれ、最初は「外くるぶし」の前と言ってたのに Why「内くるぶしの下」?


と思われた方はきちんと見た、感の良い人です。

これには面白い足の特徴が関係しています。



くるぶしの特徴

ざっくり言うと


  • くるぶしの高さ=内側が高く、外側が低い

  • くるぶしの前後位置=内側が前、外側が後ろ


これによって「外くるぶしの前」=「内くるぶしの下」あたりになるのです。

足を動かすと下の画像のようになるでしょ?



まとめ

そもそも適切な姿勢で立ってみましょう!

それでも解決しなかったら、筋トレなどで補助をしよう!


物事には順番がありますよね?

土台から固めていくと、どこで詰まったか、どこが上手くいっていないのか

が分かりやすいので対策の基準にもなりますよ!


カラダに関することもお気軽にご相談ください~