姿勢を良くする要は「脱力」+「重心位置」


こばです!


姿勢を良くしたい!

姿勢を良くするために 頑張って筋トレしてる!

力の入れ方なども学んでる!



「でも、何だか違う気がする・・・」



こういう経験ってありませんか?

それもそのはず、力を入れたら姿勢は悪くなりやすいからです。



というのも、人の体は 「筋力をあまり使わず立てる」 このような骨格構造になっています。

※いわゆる「骨で立つ」という状態



力を入れずに立てる構造なのに

力を入れて立ったらどうなりますか?


・・・姿勢が崩れやすい理由ってそういうことですよね。



今回は、これを踏まえた上で

「姿勢を良くするコツ」をざっくり紹介します!




姿勢を良くする要は「脱力」+「重心位置」

まず、大前提として人は後ろ重心です。



何故かって?


だって、脚は足の後ろ側に着いてるから!


脚の上には胴体や頭という重い部材がついています。

ですので、脚の直下には「その重さ」がかかりやすいです。

では、人の身体でいうとどの辺りに落ちるかを見てみると・・・



おおよそ足のくるぶしの辺り!



ですので、くるぶしの下辺りで立つのが最も自然です。

くるぶしは足の後ろ側にあるので


=人は後ろ重心なのです!




この、内くるぶしの下に「脱力」して立てたら最高です!

もっとも自然に力を入れずに【骨で立てている】から。

力を抜いてるから疲れないし、楽ですよ




余談ですが・・・


この重心位置で立てたら西洋医学的に 「全身の筋肉に負担の少ない、楽な姿勢」 だと言われています。



難しいのは力を抜くこと

最大の鬼門です。


力を入れるのは簡単だけど、抜くのは本当に難しいから!



ここで使いたいのが「アレクサンダーテクニーク」


ちょっと胡散臭いかな?と思われたかもしれませんが

ざっくり言うと「イメージで緊張を解こう」

という対策です!




有名な話では


とある想像をすること

銃撃戦の最中でもリラックスして 120秒以内に眠れる「米軍式睡眠法」があります。

※興味のある人は各自検索してください。



また、梅干しやレモンを想像すると口の中が

唾液でいっぱいになると思います。



このように、想像することで身体が


  • 勝手にリラックスしたり

  • 勝手に反応したり


様々な事が起こります。



これを活用して「脱力」させるのが今回のメイントピック!



実践

このアレクサンダーテクニークを分かりやすく紹介されているのが

「魔法のフレーズをとなえるだけで姿勢がよくなるすごい本」

という分かりやすい本です。



でも、けっこう良いです!


紹介サイトより引用してきました。

口にしなくても大丈夫だそうです!





想像してみてください。





【魔法のフレーズ1】頭の中で小舟が静かにゆれています。


https://president.jp/articles/-/47843?page=2

プレジデントオンライン様より引用



【魔法のフレーズ2】 背骨が鎖のようにゆれています。

https://president.jp/articles/-/47843?page=3

プレジデントオンライン様より引用




まとめ

頭という約5-6kgの重りから連なる背骨を

真っ直ぐスッと地面まで楽に下ろす。

落下地点は「内くるぶしの下」



頭から脱力して、骨で立てる位置に重心を下ろす。

これらによって「楽+良い姿勢」で立つことができます。



力を抜くのは難しい。

だから、イメージからはじめてみましょう!




詳しくはこちら