姿勢改善で効果的だった「しっぽ」の意識。感覚派の人におすすめ!


こばです!


足元から姿勢を良くしたい!

このようなご相談もよくお受けします。

今まで色々とアドバイスをしてきたのですが

経験上、この「2つのどちらかで変わる方が多かった」です。




1つ目


「内くるぶしの下で立ってください」



物理&物理です。


身体を骨、筋肉など個々の物体として 物理的に捉えている人に効果的でした。

解剖学的に考えた、ド正論なアドバイスです。



でも、馴染みのない方には



「何かよく分からない・・・」



という反応が見られることもありました。

身体の中の筋肉・骨というよりも

表面的に捉える傾向のある方には相性が悪いようでした。



そんな感覚派といいますか イメージ先行の方に効果的だったのが・・・





2つ目


「しっぽ」を上げてください



もちろん「人間にしっぽ」はありません。

でも、尾骨にしっぽの名残がある。

というのは多くの人がご存知でしょう



これも、ドラゴンボールのおかげ!




骨盤の傾き方は姿勢に影響します。


横からの姿勢で考えたとき、大きく分けると


  • 前に傾きすぎ

  • 後ろに傾きすぎ


のどちらかです。

ここが難しい。




でも、「しっぽを上げる」と考えたらけっこう簡単


「しっぽを立たせる意識を持つ」だけで

骨盤が適度に前傾する良い姿勢

をとりやすくなります。







座っているときも一緒


座っているときも、お尻で自分のしっぽを 踏んづけないようにしましょう。



これだけで、骨盤が適度に前傾した良い姿勢になりやすい。




良い姿勢は、座っているときも「しっぽ」が上がる。





身体を物理的に捉える人には「物理的な意識」

身体を感覚で捉える人には「しっぽのイメージ」




これが、今のところ効果の出やすかった姿勢への対策です。

※第3勢力が台頭中です。またいずれ解説。




ヒント