• こば

履きにくい靴を「5秒」で改善


こばです!


今日は「履きにくい靴」がある

ということで、早朝から訪問しておりました。




結果としてみたら片足5秒の作業


「踵がついてくる!」

「これなら歩ける!」


と言っていただいた程度に改善できました。

はい、一安心です!


※さすがに、秒単位で帰るのは気まずいので

もっと歩きやすくなる調整も施しました。

足の指が使いやすくなったそうです。




やったことはシンプル


非常に簡単な方法なのですが

やってる人、言ってる人は少ないと思います。

様々な靴屋で試し履きしても、提案されたことがほぼないから!


でも、わたしが販売員なら絶対にやってます。

だって・・・


  1. 簡単

  2. 早い

  3. だいたいの靴に効果的だから!


何でやらないの?と思う程度に

わたしの中で「昔ながらの王道」な対策です。



今回は、片足5秒で改善した対策をざっくり解説



履きにくい靴を5秒で改善

まず、「履きにくい靴」を具体的に言うと主にこれらです。

  • 歩きにくい

  • 踵が抜けやすい

  • 足の指が使いにくい


これらに該当する人はぜひやってみてください!




対策方法は「靴のカカトを揉む」



☆ 足の踵に沿いにくい、靴のカカトを柔らかく沿わせる


コレが最大の目的です。

そのためにも知っておきたいのが



合いにくい2つのポイント



ここ


ここ


なんとなく分かりますでしょ?

合いにくい特殊な形の


  1. 足の踵の丸み

  2. アキレス腱の膨らみによる空間

  3. アキレス腱の膨らみによる接触面積の減少


に対策をするために揉みます!


  • パンプス

  • カチッとした革靴

  • 硬すぎるカカト周りな靴


とくにこのような靴に有効

※カカト周りが硬いのは良いことです。

 程度問題です。




靴のもみ方

足の踵は後ろから見ると「にんにく」みたいな形をしています。


にんにくの上部を左右から摘むイメージで

靴のカカトの上部を摘んで 軽く数回押し倒す!



倒すのはカカトの上だけ!



これだけで、沿いにくい踵に沿いやすくなる


硬すぎて難しい場合


全体的に押し倒すように揉んでOK



注意点

「靴の価値はカカトにある」


という格言がある程度にカカト周りは重要。

傾いた足をしっかり支え、筋肉を使いやすい状態にできるから!


ですので、やりすぎると靴の価値がなくなってきます。

あくまでも足に沿わせるために「ちょっと柔らかくする」

程度に留めましょう!





余談ですが・・・

今回紹介していないけれど


  • もっと上手に

  • もっとキレイに

  • もっと確実に歩きやすくなる


テクニックが幾つかあります。

ただ、失敗すると大変なことになるので今回はしていません。


困った時は詳しい人に任せましょう。

餅は餅屋です。



分からない時、めんどくさい時、心配な時は

わたしを呼んでください。

0件のコメント