• こば

左足と左ひざが痛いお客様

こばです!


福岡市の緊急事態宣言も解除されました!

気温も徐々に上がり、春の訪れを感じさせるこの頃ですが


このようなお客様が来店されました。


5年以上前からのお悩みで、病院や治療院に行ったけど痛みが引かない。

そして、立ち仕事で毎日働いている


その時間がとても辛い・・・・

というご相談でした。 毎日の仕事で辛さを感じるって本当にしんどいでしょう。


特に立ち仕事となると、座って休むことも中々できないでしょうし

痛みを我慢するのは耐え難いものだと思います。



実は、来店されて2歩目ぐらいでおおよその検討がついていました。


足の傾きによって膝の位置もややズレているのです。

人のカラダは全身つながっています。 ある部分が傾けば、それに伴って


・隣り合う部位 ・それよりも上にある部分 も同じように傾きやすくなります。 その傾きを補いつつも真っ直ぐ立つために バランスをとって傾いてしまうのです。


今回のお客様は、大きな足の傾きがでていらっしゃいました それも、左足に。


それによって


・足のアーチが崩れ

・足に局所的な力がかかりやすくなり

=足の痛みに


・足の傾きによって

・膝の位置が代わり

=ひざの痛みに


なられているように思いました。




全体的に足のアーチをサポートするインソールも大切ですが

まずは



足の傾きを止めやすい。 かかと周りが細く、硬い靴をご提案


インソールはあくまでも

靴の中(イン)にあるソールです。 メインではなく、靴の補助的な役割を持つものなのです。 特に足の傾きがでやすいのは おおよそ踵骨とその上にある距骨との関節面の話になります。








見比べてみると分かりやすいですね!

ですので、足の傾きを止めるには

足の裏からインソールで支えるよりも

実際にその関節面に近い 靴のカカト周りで足を覆ってあげる

方が効率的に足の傾きを支えることができます。

そのために必要な靴の特徴は


カカト周りが細く・硬い事です。



靴のカカト周りが細く、硬い靴を実際に履いていただきました。

そうしたら、作ってもらってしっかりと土踏まずを支えるインソールよりも


足がガッチリと安定している感があって楽! そして、歩きやすい!

というお声を頂きました。

足やひざの痛みの有る方はまず、足の傾きを見てみませんか?


インソールや筋トレに走る前に確認しても遅くはないと思いますよ。


こばでした!

0件のコメント

最新記事

すべて表示