• こば

店内で「ゆびをふる」と疲れにくい靴を選べる


こばです!


あの靴はなんか疲れる

そういう靴ってありませんか?

これは【足に合っていない靴】だから!

というものだけでなく【靴底と地面の関係】も影響しています。


今回は「靴底と地面の関係」に由来する


疲れにくい靴を選ぶコツを解説



「ゆびをふって」靴を揺らすと分かる

動画のように靴の履き口に指をおいて揺らしてみましょう!



大きく揺れる靴は、高確率で「疲れやすい」



靴の揺れをカラダが制御する

足ではなく、靴という異物のグラつきをカラダが抑えるって

無駄に「疲れそう」な感じしませんか?



また、靴がぐらつくということは


靴底と地面とで接地していない部分がある



ということですよね?

つまり、とても不安定な靴。


また、ぐらつく靴は単純に不安定というだけでなく



蹴り出しで生まれる力の方向がバラツキます。



足は真っ直ぐ進んでいるつもりでも

靴底によって足が正面を向きにくい


=非効率的な歩み

=歩くのが遅くなる



という図式も成り立ちますね!



そう、ざっくりまとめると ぐらつく靴を履くだけで


  • 不安定になり

  • 歩くのが遅くなり

  =これらを補うために筋肉が稼働して



無駄に疲れる


ということになりやすい。


靴を買う時、選ぶときは靴を揺らしてぐらつきを見ると

疲れやすい靴を選ばないようにできます。



さり気ない動作で店内でさっとできたら上級者



店内で「ゆびをふって」確認しましょう!



余談

足に合わない靴を改善する時、主に3つの対策をします。


  1. 革伸ばし

  2. インソール

  3. タンパッド


※タンパッドは靴のベロの内側に貼るパッド。

これを貼ることで足の甲周りを支えます!

フィット感が良くなるだけでなく、踵のヌケ感も収まる万能アイテム


まるでマヨネーズ!

何に使ってもうまくいく!




しかし、これらを持ってしてもグラつく靴には対処できません。


  • これらの対策は、靴の内側の問題への対策

  • 靴のグラつきは、靴の外側の問題だから!



対策するとしたら


靴底のボンドが溶けて剥がれない程度に軽く熱して

真っ直ぐになるように捻って冷え固めるような成型や


単純に浮くところを修理して埋めるか。

(見た目を気にしないならシューグーで埋める)


シューグーは靴底修理のアイテムです。 柔らかいゴムを靴底の削れた部位に乗せ、時間経過で固めて補修

https://www.shoegoo.co.jp/

公式サイトより引用




新品の靴を冒涜するような方法でないと

グラつく靴への対処、対策は難しいです。



ですので、そもそもグラつく靴を買わないようにしよう!



というのはシンプルですが、最も効果的




靴を買うときは「ゆびをふる」おすすめです!

0件のコメント