• こば

手にもった重さで靴を判断する早計さ

こばです!


お客様の多くは靴を手で持って重さを計られます

それだけなら良いのですが大勢の方は



「重いからダメ、軽いから良い」



という判断をされます。



おそらく地域差もなく全国的にたくさんの方がこのような

判断をされるのですが、実はこれって靴屋の常識とは真逆なんですよね



靴屋的には


「持って重く、履いて軽い靴が最高!」



という風潮があります。

以外ですね!これには、人の体の筋肉量と力も影響しています。

一般的には



脚の力は腕の力の約3-4倍あると言われています。





ご自身の腕と脚を見比べてみると分かりやすいですね

腕よりも脚の方がはるかに太く長いと思います


腕で持って重かったとしても、その3-4倍の力の 脚で持つと軽いという現象が起こった時


それが、良い靴の重さ


と言われています。



まぁ、靴ってそもそも手にハメるものではないので

手だけで判断するのってよく考えたらおかしな話ですけどね



手にとってみて「この靴ちょっと重いな」と思われたらチャンスですよ!

良い靴の第一条件を満たしているのかも知れません。

こばでした。

最新記事

すべて表示

東京出張のお知らせ

こばです! いよいよ、今週の土日は東京の新宿にてイベントを実施致します! 先月からようやく再開した出張イベントですが コロナがまた増えてきているので またしばらくはできないことになるのかと思います。 コロナの事で色々と考えましたが お店を継続させる為にも今回はお伺い致します。 よろしくお願い致します!!