良い靴に出会える!店員の知識を最大限活用する、たった1つのコツ


こばです!


もっと良い靴に合いたい!

靴を買う時に誰しも思うことだと思います。

そんな時におすすめなのは店員さんに相談することです!


  • 取り扱っている商品知識

  • 履いていただいたお客様の感想

  • どのようなお客様が好んで購入された


というのを経験的にも知っていることが多いからです。



そんな、靴をバックヤードから持ってきて、レジを打つだけのマシーンではない 彼らを最大限活用するにはちょっとしたコツがあります。


今回は、その店員さんの知識を最大限活かすコツを解説!



一度は絶対、足を計ってもらいましょう!

足を計るのは、自分の状態を知るため・・・

でもあるのですが、それ以上に重要なことがあります。



それは、共通言語を得るためです。



接客をしているとよく、わたしの足は

  • 幅広です

  • 幅狭です

  • 甲高です

わたしに合う靴はありますか?

というご相談をお受けします。


伝えたいお気持ちはとてもよく分かります!


でも、わたしは経験的にこれらの言葉を全く信用していません。

というのも、実際に計ってみると違うことが多いからです。



自称幅広の多くはふつう幅

計ってみると案外ふつう幅の人が多いです。

自分の印象で幅広と判断される方があまりにも多い!



これは、


グラスに半分入ったどぶろくを見て


  • 半分もある  と思うのか

  • 半分しかない と思うのか


これらに近く、同じものでも捉え方が人によって異なるのです。

これが靴販売員の思考をにぶらせる要因にもなります。




幅広な靴を持ってきて!を鵜呑みにして 幅広な靴を持ってくるとだいたい合いません。



このすれ違いをなくすことが



店員さんの知識を最大限活用して、良い靴を得るコツです!



数字や記号を使うと店員にもっと伝わる

数字は世界共通の言語です。

記号もその界隈では共通言語となります。


これらを使わない手はありません!



例えば


わたしの足は5E幅です。

だから、幅広です。


と言われたら、店員さんサイドも非常に分かりやすいです。

精確性はおいといて、靴にも規格が割り当てられているものが多いので

それに合うものを選びやすいのです!




幅狭もそうですね!


わたしの足はA幅です。

だから、幅狭です。


と言われたら、靴がたくさんあっても絞ることができます。

数字や記号を使って伝えると、



足の情報が間違いなく伝わるので失敗しにくいのです!

これらの情報を得るためにも、一度お店で足を計ってみましょう!



足の計測は出張でもやっております。

お気軽にご連絡ください!