横アーチを引き締める2つの筋肉。対策したいのなら鍛えてみましょう!


こばです!


開張足で歩くと趾のつけ根が痛い・・・

このようなご相談をお受けしました。

・・・開張足って何?という方にざっくり解説すると


足の横アーチが低下したことで

足が横に広がったものです。


これによって趾のつけ根周りで衝撃吸収がしにくくなり 負担や痛みを感じやすい!

というのが開張足。



できるなら鍛えたいですよね?

でも、ちょっと難しい。




横アーチを”筋肉”で対策するのは難しい

土踏まずを持ち上げる後脛骨筋のように 足の横アーチを直接持ち上げる筋肉がないので鍛えるのは難しい。

ですので、一般的にはインソールの出番です!

主に支えているのが骨の噛み合わせや靭帯だから。


でも、筋肉で全く対策できない訳ではありません。



足の横アーチを抑える筋肉

前述したように直接的に支える筋肉はありません。

でも、


  • 後脛骨筋

  • 長腓骨筋


のように横アーチにおける内外側端を引き締める筋肉はあります。


そしてそれは足裏にある

それらの筋肉をざっくり解説すると!



足裏から見た時の筋肉の走路



後脛骨筋

足を内反したり、つま先を下げる筋肉です。

スネの骨の裏辺りから伸び~内くるぶしを通り~足底で足の外側に着く




長腓骨筋

足の外返し、つま先を下げる筋肉です。

スネの外の骨(腓骨)から伸び~外くるぶしを通り~足底で足の内側に着く



この2つの筋肉は

スネから伸びて、内外のくるぶしを通り、足裏の内と外につきます!

そう、これらが収縮しあうことで足を引き締めるような効果が期待できるのです。


足が横に広がってきているな・・・

そのような人におすすめな筋肉!



鍛え方

この2つの筋肉に共通する作用は「つま先を下げる」こと。



つまり、【つま先立ちになってのかかと上げ】が効く!



もう少し詳しく知りたい人は下のツイートから確認を!


鍛えるにしてもインソールで足からしっかり支えてあげると

筋肉を効率的に使えるので、トレーニング目的でもおすすめです!





シダス マックスプロテクト・ウォーク


とにかく安いのがほしいならこれ。


シダス ラン 3D プロテクト


あと1400円だせるならこれ。


安いけれどどちらも踵周りのフィット感が良い。

ラン3Dプロテクトの方がよりしっかりしているので

体重がかかっても問題なく支えてくれます。



まとめ

つま先立ちで後脛骨筋と長腓骨筋を鍛えよう!