浮き指になりやすいサンダルの特徴


こばです!



浮き指で困っているというご相談が多いです。

でも、改善策が何だかよくわからない・・・

というのも多い。



それもそのはず、浮き指は医学用語ではないから!



専門的に調べようとしても難しいところがあります。

でも、困っている人が多いので

その助けになれば・・・


というのが今回のメイントピック!





そして、世の中には


  •  浮き指に なりやすいサンダル

  •  浮き指に なりにくいサンダル


この2つが存在します。

どちらを履きたいですか?

そして、どちらをお子さんに履かせたいですか?


暑くなるとサンダルを履く機会が増えると思います。

せっかくなら、「浮き指になりにくいサンダル」を履きましょう!





浮き指になりやすいサンダルの特徴

サイズが大きなサンダルを履くと浮き指になりやすい。


これは、靴にも言えます。

日本人は老若男女問わず


  • 脱ぎ履きのしやすい形

  • 脱ぎ履きのしやすい大きな物


を履きがちです。

これらを履いた時、 足指は靴が脱げないよう無意識的に 足の指を上に反らして対応します。


これが繰り返されると、

足の甲側の筋肉が凝り固まり、浮き指の形が常態化してしまう。



ざっくり言うと・・・



デカイサンダル履いたら

こんな風に歩くでしょ?


これがダメ!


浮き指になりにくいサンダルの特徴

足の甲がフィットするサンダルを履こう!

とは言っても、履いていたらサンダルは伸びます。

最初は良くても、数ヶ月でブカブカになったら意味がない



それも踏まえて・・・



サイズ調整のできるサンダルを履きましょう!



なぜかって?


浮腫んでも、くつ下を履いても、足が痩せても

サンダルを長い期間履いたとしても

ベルトで足にフィットできるから!




サイズ調整式サンダルの注意事項

サイズ調整をしましょう!

そのままの状態で履き続ける人があまりにも多い。

少なめに見ても、宝の持ち腐れです。




足の健康は歩く前からはじまっています




おすすめのサンダル

ビルケンシュトック アリゾナ


ド定番ですね!

サイズ調整のベルトが2本あります!

インソール(フットベッド)もしっかりしている・・・


けれど相性問題が起きやすいので注意!

合えば良いサンダル!

ビルケンシュトックだと痛い・・・

という方にはfinncomfort pisa


  • 家の中でも履きやすい

  • 3本ベルトで調整しやすい

  • ビルケンシュトックよりも持ち上げが抑えめなインソール

この辺りで使いやすい!


デメリットは金額


余談ですが・・・

サンダルは安さで選ばれやすいのかなぁと思います。


ちょっと履くサンダルだから適当でいいや!

で選んで、結局しっかり歩いてしまう。


これが日本人の浮き指の多さに

一役買ってそうな気がします。


安いサンダルってきほん的に一体型で調整できないのが多い。

日本人の浮き指の多さは、ここにもありそう。



まとめ

大きめのサンダルを履くと浮き指になりやすい。


浮き指になりにくいサンダルは

調整式のサンダルをきちんと調整して履くこと!

足の甲周りのフィット感を得ることが大事!