• こば

脚のつけ根は【みぞおち】の【背中】から生えている話。

最終更新: 7月13日

こばです!


歩き方教室などを覗くとよく

脚のつけ根から歩きましょう!

と言って股関節辺りを指す傾向にあるのですが


本当の脚のつけ根ってどこか知っていますか?

実は、脚のつけ根は【大腰筋】と呼ばれる筋肉になり、そしてこの筋肉は 【みぞおちの辺りの背中の骨】から【股のつけ根】に左右でついています。

思ったよりも上にありますよね?


この意識は大切で、歩く時、立つ時にはこの

脚のつけ根である【みぞおちの高さの背中】から脚を振り出すイメージをもつと

何かとはかどります。


例えば

・姿勢が良くなります

・重心が高くなるので足取りが軽くなります

・歩幅が大きくなるので、より楽に速く歩けるようになります。


特に姿勢が良くなる!というのは大事で

筋肉の走路を適切に確保するだけで力を入れやすく、出しやすくなります。


これは、トレーニングをするなど難しい事ではなく

ちょっとした意識で今すぐにできる事です。

意識するだけなら無料ですので結構おすすめです!



こばでした!

0件のコメント