• こば

足で悩んでいるなら見てほしい。コバ靴店おすすめの靴の選び方。

こばです!


いつもご相談を頂きありがとうございます!

最近また増えてきたので一括でお返事をする意味合いでも今回は


足のトラブルを考えた上での 現実的に良さそうな靴の選び方をご紹介します!

ご質問、ご相談で多いのは


〇〇な症状で悩んでいます。どのような靴が良いのでしょうか?


というものです。ただ、そのお悩みに対して 相性の良い靴・インソールをお伝えするのに重要となってくる


・筋力

・可動域

・歩き方

・立ち方

・靭帯の状態

・足を見ていない

・足を触っていない

・今まで起こったケガの把握


これらをチェックしていないので多くのケースは何とも言い難いです。


ただ、足という塊を作りあげている構造は皆さん共通です。


それ故に足のトラブルが発生している時は似たような反応が足に起こりやすい傾向にあります。今回は、その傾向とそれに対して靴で出来る対策をご自身の足のトラブルと照らし合わせ考えて頂けたら、良いより靴が選べるようになると思います!



トラブルが起こると足は横に広がる!!

外反母趾、扁平足、開張足・・・etc

足は様々な変化をし、様々な悩みを、様々な人に与えます。


その様々な変化を起こす足のトラブルにあっても

おおよそ共通して発生する事があります。

それが【足の横への広がり】です。


一見関係のなさそうな足の縦アーチが低下した扁平足も横への広がりになります。

※大まかには土踏まずが低下した事で、足についた肉が押し広げられるようなイメージ




これには様々な理由があり、そもそも


・足を内側に引き寄せる筋肉が小さくて弱い

・人の足の耐用年数は約50年説(100年前の寿命とほぼ同じ)


など色々とあるのですが、小難しい事は抜きにして



足のトラブルが起こると 足が横に広がりやすいのが現状です!

つまり、足のトラブルに対策をするのであれば


・ いかに足が横に広がらないようにするか!

・ いかに靴で横への広がりを抑えてあげるか!


ここが出来て始めて、インソールという次のステップに進めます。



では、この足の横への広がりを抑えるにはどうすべきか・・・

実は、最も簡単で確実で、多くの人ができる対策があります。それが



踵~甲周りが細めでしっかりと絞めれる靴を履く!



足が横に広がるのなら、靴で絞めて広がらないようにする。単純明快ですね!



しかし、多くの人は足のトラブルが発生した時 痛みを伴う状態になられた時に【より大きな靴を選ぶ】傾向にあります!

足が痛くなったからといって細めの靴に変えられた人はまだ見たことがありません。


痛みがあると緩い靴を履く

実は、外反母趾による圧迫であっても靴がきついから痛みが出やすい!

という訳だけではないのです。対策方法として多い、緩い靴を履けば確かに痛い部位が当たりにくくなります。


しかし、大きな靴を履けば履くほど足の横への広がりは止められません。


足のトラブルがあるからこそ、細めの靴が必要です!

細いと言っても、痛みの出やすい趾のつけ根付近はゆったりとしたものが良いです。

踵~甲周りが細めの靴ですので、上から見た時に三角形をしている靴!というと分かりやすいですね!


※足で言うところの【中足部~後足部が細め】の靴!




とは言っても、足が痛いのに細めの靴だなんて・・・・

と半信半疑だと思いますので簡単な実験をしました。


それがこちら



通常、足に体重がかかると足は横に広がります。

それが過剰になると様々な足のトラブルへと繋がるのです。


しかし、動画のように足の甲周り(本当は踵から支えるともっと良いけど手が足りない)

を支えるだけでも同じような力がかかった時に足の横への広がりが抑えられます。



足が横に広がる方が、安定性があるように思ってしまう

こう思われませんでしたか?

足が横に広がると、足の横アーチがつぶれやすくなります。

これによって指が浮きやすくなるので安定性も欠けやすくなります。


ただ、足趾の横への広がりは良くないのですが

足趾を動きやすくするのは最高に良い事です!


外反母趾でお困りのお客様に、靴で足の甲周りのヒモやベルトをややしっかりと絞めただけで、足の指が使いやすくなった!歩きやすくなった!というお声をよく頂きます。


足のトラブルに対策するのであれば

踵~甲周りを支える事が大事!



余談

〇〇な足には〇〇な靴! 〇〇なインソールが必要!


という表現は、その人を否定しているようであまり好きではない。 というご意見もあるのだろうなぁと思っています。


わたしは、世界中の多くの人が視力低下でメガネ、コンタクトレンズを使っている現状に近い感覚でいつも靴・インソールの事をお伝えしています。


内閣府発表の平均寿命の推移表をご覧ください。


1950年、つまり70年前の平均寿命はおおよそ60歳です。

そして、足の寿命はおおよそ50歳と言われています。

※アシックス研究所によると、50歳を過ぎると足のトラブルが起こりやすいようです。


ここ数十年で平均寿命はどんどん伸びていますね!

また、平均身長、平均体重も伸びているようです。


その一方で、運動習慣もどんどんと減り

柔らかい土や草の地面もどんどんと硬いコンクリートに変わっています。

身長体重が増えて、運動しなくなり、昔よりも硬い地面で生活をする。。。。

これらのハードな環境に耐える為に、ある程度のサポートが足に必要な気がしています。



足のメガネ、コンタクトレンズ、処方薬。

お客様のお足を守るため、少しでも快適に生活して頂けたらなぁと思い営業しております!



こばでした!