足の耐用年数は約50年。「そりゃそうだよね・・・」と思う足の雑学


こばです!



アシックススポーツ工学研究所の報告によると

「足の耐用年数は約50年」と言われています。

~究極の歩き方~より



50歳を堺に足のトラブルが急増する


お客様の傾向や実際にお話を聞かせて頂くと

やはり、50歳ごろから


  • 足の変形がはじまった

  • 足に痛みを感じやすくなった

  • 1サイズ大きな靴が合うようになった


という変化を仰っしゃられる方が多いです。

この事からも、足の耐用年数は50年説は正しいように思います



でも、それだけではありません。

もっとシンプルな理由で「足の耐用年数は50年」だと思います。

その辺りをざっくり見ていきましょう!


今回は雑学回です。



足の寿命と人の寿命

結論から言うと


50歳以上生きれるようになったのは最近で
進化が追いついていないから説

厚生労働省発表 「令和2年簡易生命表の概況」の

「主な年齢の平均余命」を見ると・・・


平均寿命の推移が載っていました。

※https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life20/dl/life18-02.pdf



それがこちら



昭和22年(西暦1947年)の平均寿命を見てみましょう!


  • 男 50.06歳

  • 女 53.96歳



そして、令和2年(西暦2020年)の平均寿命は


  • 男 81.64歳

  • 女 87.74歳


たった70年でなんと、平均寿命が30年以上伸びています。

また、表を見ても分かるように平均寿命は年々増加していますね!


江戸時代の平均寿命は約30-40年と言われています。

これの意味することは、1947年時点でも 過去から見たら驚くべき長寿



人類は何千年と短命だった

寿命図鑑によると



日本人の寿命は


旧石器時代   13歳

縄文時代    15歳

弥生時代    18-28歳


古墳時代    25歳

飛鳥・奈良時代 20歳


平安時代    35歳

鎌倉時代    24歳


室町時代    16歳

安土桃山時代  31.7歳 (1568-1600年)


江戸時代    38歳  (1603-1868年)

明治時代    44歳  (1868-1912年)

大正時代    43歳  (1912-1926年)



約400年前まで30歳以上生きる人が少なかったのが分かります。

徐々に寿命が伸び、約100年前にようやく

平均寿命が40歳を超えました。




約70年前に平均寿命が50歳を超える。


現代人は平均寿命50歳の人から まだ、数回しか世代交代をしていません。





現代人の足は50年以上耐えられる 作りなのでしょうか?


そのように進化出来ているのでしょうか?




わたしは難しいと思います。




最も言いたいことは・・・

これから分かる、最も言いたいことは



50歳で足のトラブルが出てくるのは仕方がない。

だからこそ、靴・インソールを上手に使って

足の寿命を平均寿命に近づけよう!



でも、適度な刺激がないと骨は強くならないので

足を守りつつも、適度に歩いて、足に刺激を与えましょう。