足トラブルは靴の減り方で分かる。履き慣れた靴から見てみよう!


こばです!


足のトラブルを靴底の削れ方から見ていきましょう!




靴底はおおよそこんな削れ方をします。



ちなみに、どれが正常な削れ方だと思いますか?

ちょっと考えて下にスクロールしてみてください



正解はこちら


その理由はざっくり下から見てください。



ざっくり解説です!

※足の傾きという表現をします。

それは、ざっくりこんな感じの意味合いです。


  • 足の内傾き=ローアーチ

  • 足の外傾き=ハイアーチ




◎ やや外減り

正常!これをキープしましょう!



△ 中心が減る人

アキレス腱が硬かったり、前重心になっていることで起きやすい。

アキレス腱伸ばし、歩き方、立ち方など姿勢の改善で対策を。


△ 内が減る人

内股歩行や足が内に傾いている人に多い。

つまり、股関節周りの問題や足の内傾きの問題であることが多い。

股関節周りを整えて、靴・インソールで足の内傾きの対策を。


△ 大きく外が減る人

がに股歩行や足が外に傾いている人に多い。

これも股関節周りの問題や、ひざの問題、足の外傾きに起因しやすい。

柔軟性運動や股関節周りを整えて、靴・インソールで足の外傾きの対策を。



△ 左右非対称に減る人

足のアーチの崩れ方、股関節の開き方、身体の歪みなどの左右差に起因しやすい。

場合によっては脚長差によるものもあるので、専門的に見てもらうと安心。

とくに足のトラブルが起きやすいお足です。




足の傾きと歩行時の足運び

足の傾き方によって、接地位置が変わります。

着き方、進行方向が傾いた方向に流れやすいので そのように削れやすいのです。





さぁ、靴底を見てみましょう!







余談ですが・・・


「履き慣れた靴を準備してください」

接客の際にわたしが必ずお伝えしていることです。

なぜかというと、これでだいたいの傾向が把握できるから!


もちろん、問診でしっかりとお話を聞かせていただくのですが

自分の状態を人に伝えるのって非常に難しい。



  • 言わなすぎると、足りない

  • 言いすぎると、本質が見えにくくなってくる



わたしもエアコンが壊れたときなんて

断片的なことしか言えませんでしたし

人に出来事を過不足なく伝えるのは本当に難しい!

余計なことを言って混乱させてしまうのも嫌ですし・・・



それゆえに聞き手となった時

「悩みの原因はどこだろう?」 と考えてしまいます。


この時、最も信頼できるのは 「実際に起きたことの確認」

〇〇な時〇〇が起きやすいというのが分かっていると

その「確からしさ」をその他の要因から逆算して

確認していくことができます!



分かりやすいのが「靴底の削れ方」

靴底の削れ方である程度の傾向が分かるので重宝しています。

「目は口ほどに物を言う」に近く 「靴は口ほどに物を言う」のです



ですので、

新品の靴だと削れてないので、分かりにくく

履きつぶした靴だと、細かな事が分かりにくい

ちょうど良い塩梅の「履き慣れた靴」が適切なのです!