• こば

足指の上にタコができやすい「屈み指」


こばです!



足の指の上にタコが出来て困っています。
なぜできるの?


というご相談。

これは、一般的に「屈み指(かがみゆび)」に多いと言われています。

屈み趾は読んで字の如く、足の指がグッと力んで曲がった状態。




ただ、屈み指も一枚岩ではなく、幾つかの形があります。


このように足の指が変化することで


足指の上部が、靴の天井と擦れてタコができやすい。




というのが、今回のご相談にある足のトラブルかと思います。

折角ですので対策案も見ていきましょう!



対策

※きほん的には病院に相談をしましょう!


足の指がグッと縮こまって曲がっているので、

足の指を伸ばす+伸ばしやすい環境を作りましょう!




ゆびのば体操で物理的に伸ばそう


とりあえず足の指を伸ばしましょう!

まずはここから


伸ばしやすい環境作り

足の指を伸ばせる靴を履きましょう!


靴は足の拘束具です。

形によっては矯正具になりえます。

足の指を伸ばせる靴を履きましょう。



この理論でいくと



アルトラは薦めやすい


裏から見るとこんな形




あとはインソール!

足のアーチが低下したことで

足の指が使いにくい方が多いです!




足の対応年齢は約50年と言われています。


骨や靭帯は替えのきかないパーツです。

それらのサポートをすることで、足のアーチを補強し

足の指を伸ばしやすく、使いやすい環境を作るのが王道です。


0件のコメント