足裏の痛みは意識で変わる。知るだけで変わる「足裏の事情」

こばです!

足裏が痛い。

足の相談で最も多い、悩みやトラブルです。 特に多いのが「趾のつけね」関連でしょうか。


  • 歩くと痛い

  • 走ると痛い

  • 動くと痛い

  • 立っているだけで痛い


このように、様々な状況で痛みを感じやすい部位が

「足裏の趾のつけね周り」です。



書きながら思うのですが、日常生活を送る中で痛みを感じるのは


本当に辛そうです。

足裏が痛いと何をするのも億劫になりますし、 立っているだけで痛いとなると、なおさらその思いは強そうです。



そこで、今回は「意識をするだけで変わる足裏の痛み」に焦点を絞って

ざっくりと解説したいと思います。


※わたしはスピリチュアル関連は全く信じていません。

ですので、気の流れとかそういうのも今回はありません。

意識を変えることで、物理的な圧力を変えるのが今回の話です。


でも、ホラー映画を見た後は信じてしまう程度の信仰心です。




 

「足裏の痛み」を変える意識


答えから入ると「内くるぶしの下で立つ意識」を持ちましょう!


まず、大前提としてまっすぐ立っている時に人の足には、 おおよそ3:7の割合で、足裏に力がかかるのが適切だと言われています。



頭~スネまでまっすぐ降りてくる重さに対し 足部がけっこう後ろにあるから!



という位置関係からも、想像しやすいと思います。


そして、趾のつけねなど前足部が痛い方に多いのは

この3:7のバランスが崩れている方です。


ようは、

3:7ではなく

4:6

5:5


など、足の前側に大きく体重を乗せていることで起こりやすいです。


変えるのは立ち方の意識


今回変えて欲しい意識は「立ち方」です。 立った時の重心位置を変えることで、前足部にかかる力を整えます。


実は、この方法を意識しただけで


  • 足がとても楽になりました

  • 足の痛みが和らぎました


というお声を頂いたことがあります。



そして、この答えは「内くるぶし」にあります。

画像でざっくりと解説しましたので 下の画像を見て、マネをしてみてください!




内くるぶしの理由は、スネの直下にあるから。


頭という体重の約10%の重り+十分に育ったお腹周りの重さは

骨を通して、頭~足まで降りてきます。 さきほども解説したように、スネに対して足部は後ろにあります。


その関係で体重が自然に降りてくるのは おおよそ「内くるぶしの下」になるのです。




中には、土踏まずの真ん中で立ちましょう!なんて方もいらっしゃいますが カラダの位置と土踏まずの位置を見比べてください。



土踏まずで立ったら、足だけちょっと前気味な気がしませんか?

まぁ、そういうことですよ。

騙されたと思って「内くるぶしの下」で立ってみてください。



足裏の痛みや感じ方だけでなく

背筋の伸び方、太腿裏の伸び方などを感じられる方もいらっしゃいます。



ただ、注意点として


そもそも、なぜ自分は構造的に適切な「内くるぶしの下」で立てていなかったのだろう?

というポイントがあります。


これには、足にどのように体重をかけるかによって


  • 足の傾き方

  • ひざの開き方

  • 腰の負担のかかり方

  • それぞれの関節の左右差 など


が関係してきます。つまり、


体重のかけ方で姿勢が変わるのです



何が原因でその姿勢になったのかは分かりません。

あなたを見ていないからです。



ただ、意識を変えるだけで変わる足裏の負担があります。

この「内くるぶしの下に重心をおく」意識で


足の痛みだけでなく、姿勢が良くなった! という方は、足元に原因がありそうですね。



訪問などで実際に見させて頂くと、体験していただきながら 様々なお話も可能ですので、お気軽にご相談ください。


こばでした!