• こば

適切な重心位置でしか立てないサンダル

こばです!


今回は、


新たに追加されたセール品の紹介です!

それが、こちらの白いサンダル



一見、ただの歩きやすそうな白いサンダルなのですが、

普通のものと一味違います。


それが、タイトルにもある


適切な重心位置でしか立てないサンダル

なのです! 解剖学的に人のカラダはおおよそ「内くるぶしの下」で立つようにできています。

この位置で立てた時、人のカラダや関節に最も負担がかからない

と言われています。


逆を言えば、重心がこの位置から離れるほど不都合がでてきます。

猫背であったり、反り腰であったり

姿勢に影響するのです。


しかし、実際にその位置を自分で探すのもそうですが

そこに重心を置き続けるというのは非常に難しいと思います。


そこで、逆転の発想になるのですが


「内くるぶしの下」が頂点になっている、靴底が丸い履物


があると捗ります。


もし、重心位置が内くるぶしよりも前だった場合

→ 靴底の丸みによって、カラダは前に倒れます。


もし、重心位置が内くるぶしよりも後ろだった場合

→ 靴底の丸みによって、カラダは後ろに倒れます。


つまり、この靴底であるならば

適切な重心位置である、内くるぶしの下でないと真っ直ぐ立てません!

また、その姿勢というのは足首、膝、腰、頭が直線上にある時に限ります。


つまり、


・背筋が伸びて

・膝が伸びて

・全身に負担がかからない

→解剖学的肢位で立てている!


という事になるのです。


ある種、姿勢を矯正する履物になるのですがこれはおすすめです!


この立ち方を覚えて、このサンダルを履いていない時にも 同じように立てたら最高だと思います。


24cmで1足限定ではあるのですがお早めに!

通販も対応しております。


こばでした!

0件のコメント