間違ってほしくないO脚とインソールの話


こばです!


O脚で悩んでいます

ご相談でも多い項目の1つなのですが

勘違いしやすいインソールの使い方が散見される印象です。



O脚ってようは【ひざの間が大きく開くこと】ですよね?

これを考えた時に、その要因は大きく3つ。


  • 足元から脚が外に開く

  • 股関節から脚が外に開く

  • ねじれによって、脚が外に開く




足元からの開き対策のインソール

で多いのが、外側を上げたインソール。


足元から脚が外に広がるのなら、足の外側を持ち上げよう!戦法です。



分かりやすい物理作戦ですが

これには効く人と効かない人がいます。



効かない人はこうなる


見ても分かるように、脚の外への広がりは対して変わっていません。

しかし、足首辺りが大きく曲がってしまいました。

これによって、


  • 腰が痛い

  • 歩きにくい

  • 立つのが大変になった


というお声が。



この方が目指すべき形はこう!

足が内に傾くことで、脚が外に開いています。

ですので、足の内側を支え足が傾かないようにすると



結果として、足元からの外への開きが小さくなりO脚対策になります。



ここの間違いは本当に百害あって一利なしです。

擁護のしようがない程度です。



インソールでO脚対策を考える方は

詳しい人にお聞きしてから対策されるのをおすすめします!