• こば

靴と歩き方の関係

福岡県大野城市のコバ靴店です!



今日は定休日なので、

近所の靴修理のお店や買い出し等をしていました。



そんな中でも目につくのが 歩き方 です!


商店街や駅前等は特にたくさんの人が歩かれていますね。



何気ない風景でも、職業柄どうしても

他の方の歩き方に目がいってしまいます。



自分では正しく歩けているつもりでも

横や後ろから見たら実は。。。。



って事がよくあります!

そもそも歩き方を習う習慣や機会が少ないので

仕方がないと言ったらそこまでですが。



ただ、明らかに靴の影響で歪んだ歩みをされる方が

いらっしゃいます。



今日拝見した中で特徴的の1人目は


・靴底が細く、減っているので不安定

・靴の木型が足にあっていないので不安定

・おそらく身体を支える中敷きをされていない


等の条件によって


① 左足の足首が不安定

② それを補うために左足は内側にて着地

③ そのせいで右足での蹴り出しは弱く

④ 前に進みにくいので

⑤ その力が上に向き


 その結果、ひょこひょこと伸び上がるように歩く!


という方がおられました。


歩き方的におそらく

・ 左の膝の内側と右肩に痛みや負担があり

・ 股関節への負担や開きが誘発されているのでもしかしたら痛みも。。。


この方は

① 足にあった適切な靴を履く!

② 股関節周りの筋をほぐす

③ 簡単な歩き方指導


で大きく改善する可能性が非常に高いです!

正直①の 適切な靴だけで8割の問題は解決するでしょう!


もちろんですが、盗撮になるので写真はありません。



2人目は男子大学生でした


その方は箱根駅伝で話題になったような

クッション性の良い厚底のスニーカーを履いて歩かれていました。



非常に高いクッション性によって走る際の衝撃の吸収と

靴底の丸みによって推進力が増す。


という素晴らしい靴ですね!


しかし、この靴は 走る事に特化した靴で

歩く事に適した靴ではありません。



その弊害をもろに受けて歩かれていたのが件の大学生でした。


クッション性が良すぎる事で

足が沈み、左右の足が着地するごとに倒れていました。

特に右足の倒れが大きく。


ふらふらとした歩みをされています。


若さによる筋力でカバー出来ているので履いてすぐ等は特別大きな

不都合は感じていないと思うのですが、



1時間以上歩くと確実に足と膝への負担を感じるんだろうなぁ

という予想が立ちます。



このような方への対処としては


硬めの中敷きを入れる。


というのが効果的かと思います。


靴底で支えきれないのでそれを別の場所で支えるのです。

勿論、身体を支えるので柔らかいものは適していませんし

靴底が柔らかすぎるのでそれを補うために尚更硬い中敷きは

相性が良いです


詳しくはこちらから!


ちょっとの工夫で足元の環境は大きく改善します。


しかし、自分では気づきにくいのが憎らしいところです。

コバ靴店ではそのような歩行指導や簡単な調整も

やっております。


お気軽にどうぞ~


こばでした!