靴屋の言う「姿勢を正して歩きましょう!」の知られざる行間


こばです!


姿勢を正して歩きましょう

幼い頃に言われたことのある言葉トップ3に入ると思います(こば調べ)

まぁ、姿勢を正すのは


  • 座っている時

  • 立っている時

  • 歩いている時 など


基本的な動作において言われていましたね。

枚挙にいとまがない。



では、なぜ、こんなにも姿勢を正せと言われるのでしょうか?

見た目が悪いからという理由が最もだと思います

靴屋的に考えたら、様々な理由があります。


それこそ、ウォーキングシューズを売るのに都合が良い言葉でもあるのです。


今回は、そんな姿勢について靴屋的な行間をざっくり解説。



 

靴屋的、姿勢を正して歩きましょう



歩行時に姿勢を正す恩恵は大きく2つあります。


  • 呼吸がしやすくなる

  • 脚を上げやすくなる


呼吸がしやすくなる

ヒトは肺で呼吸をします。

そして、その肺は意外とでかい


下の画像を見ると何となくそのサイズ感が伺えると思います。


ねっ!でかいでしょ?


例えば、ねこ背のように姿勢が悪いと肺はどうなりますか?

きっと、首~腰で肺を押しつぶすような形になります。


姿勢を正してこれを防ぐことが、歩きやすさに変わります!



酸素はカラダのガソリン

酸素はカラダにとってのガソリンです。

【吸い込んだ酸素 + カラダの中にあるグリコーゲンなど】

が結びつくことで筋肉を動かすエネルギーとなります。



つまり、酸素がないとカラダって動かないのです。

まるでガソリンのない車のように

(電気自動車は除く)



カラダにとってのガソリンを効率良く得るためにも

姿勢を正して肺が機能する環境を作るのって大事なのです!



ここからが本当に伝えたいこと



背中が曲がると脚が上がらなくなる

これは、人のカラダの構造の問題でもあるのですが

背中を曲げると脚を上げにくくなります。




画像のように背中を曲げると、脚は半分も上がらないでしょう




実際にやってほしいです。

やれば体験として理解できるので。

※わたしの好きな言葉は【百聞は一見にしかず】です^^



歩く効率は 歩幅×歩数

歩幅が小さくなると、歩くのが遅くなります。

元々、歩幅が小さい人も遅くなる傾向にあるようです。



歩幅が小さな人とは言っても


  • 最大 40°上がる脚が

  • 最大 20°上がる脚になったら


脚を15°上げて歩くにしても余裕が違います。


  • 5割以下の労力

  • 8割強の労力


どっちが楽かといったら、そりゃ余裕の範囲内で動かせる方が楽でしょ!

ですので、




姿勢を正して歩きましょう!

というのは

(脚を上げやすくするためにも)姿勢を正して歩きましょう!




という行間が靴屋の説明に隠されていることがあります。



わたしも接客の中で行うのですが

重心位置を見て姿勢を正しやすい ウォーキングシューズを提案することがあります。



履いていただいて


「ほら、この靴なら姿勢が整うし、脚を上げやすいでしょ? この靴ならもっと楽に速く歩けませんか? 軽くお店の中を歩いてみてください。


(中略)


ここだけちょっと、革を伸ばしてお包みいたしますね」


という流れは多かったです。

もちろん、そのような姿勢になる経路と根拠と対策はしっかりとお伝えしております。



まとめ

姿勢を正して歩きましょう!

これによって


  • カラダを動かすのに必要な【酸素】を得やすくなり

  • 脚を上げやすい姿勢になれる


これらのメリットが、あなたの歩行を助けてくれます。

もっと楽に速く、快適に歩きやすくなるのです。


分からないときなどは気軽にご相談ください。

メールでもTwitterでもLINEでも何でもOKです。