• こば

100足から1人に合う靴を選ぶより、1足を100人に合わせるのが得意


こばです!


※今回は久しぶりの自己紹介を兼ねたものです。



Q. ◯◯(ブランド)の〇〇(品番)の靴は合いますか?


このような質問が多いのですが

わたしの答えはある程度決まっています。



A. 詳しく知らんが、あなたの足の特徴には合う or 合わない


雑に言うとこんな感じです。実際はもっと丁寧にオブラートに包みます。 これを怪訝に感じる人もいると思うのですが、こういう返信をすることが多いです。

これには


  • 履き味の好み

  • 左右対称な靴と左右非対称な足とのジレンマ


というのが大きく影響しています。



人の足は左右で形やサイズが違う

朝晩で足のサイズが変わる!なんて聞いたことがあると思います。

そして、ご存知のとおり足には左右差があります。


しかし、一般的に工場で作られる靴は左右同じ形です。

左右差が大きかったら検査でハネられるでしょう。




このシステムで足に合う靴を探すのって無理ゲーじゃないですか?




※靴をオーダーメイドして・・・という人もいますがそれは少数。

その靴が足や悩みに合うかどうかもまた別の話。



現実的に足に合う靴を考えたら

靴を人に合うように加工調整する。

これが現実的であり、確実に合う方法だと思います。

また、わたしは義肢装具士であり、もの作りの家系に生まれたものです。



「無いなら作る」「合わないなら合わせる」というのを親の背を見て覚えたもので

実家には当たり前のように


  • 旋盤

  • ボール盤

  • フライス盤

  • アーク溶接機

  • ティグ溶接機 など様々


工作機械という名の遊び道具があります。 (塗装用のものもありますし、細かく言うとまだたくさんある)




ガキの頃に作ったダンベル



そう、合わないなら合うように作り変えれば良いのです。



もちろん、靴作りもしました。

義肢装具士として靴作りを通して、


  • どこが、足に合いにくいか?

  • どうしたら、足に合いやすくなるか?


というのが分かってきました。

日頃の勉強のおかげでもあります。



それも踏まえて、どう考えても、どんなに精密に足を測ったとしても


  • 左右対称の靴

  • 左右非対称の足


現状のシステムで靴を販売する以上は厳しいものがあります。


だから・・・




100足から1人に合う靴を選ぶよりも

1足を100人に合わせる道を選びました。


木庭家の伝統的に得意種目でもありますからね




※店舗を構えている時は、加工調整のしやすい靴を販売をしていました。 靴にも調整がしやすい靴、しにくい靴があります。


だからといって靴の知識を停めはしません。

靴屋として最低限、流行や傾向の靴は知っておく必要があります。


とは言ってもある程度靴を見て、履いて、作ってを繰り返すと

靴の形を見たら、それに合う足も分かるようになってきました。


足を見て、この人なら〇〇cmの〇〇幅だなぁ

程度も何となく分かります。

靴屋だから!



ですので、冒頭のような最低限の形の相性程度は見たら分かるのです。

経験上、精度はそこまで悪くないでしょう。



あと、わたしは「靴は好きだけど、好きでもない」という意識も大きい。



わたしは靴が好きです。

でも、靴のファッション的な好みはそんなにありません。

快適に履ければ何でも良いと思う程度で、さして興味はないのです。

「車は動けば何でもええねん!」理論に近い。



しかし、「足の悩みを解決する道具」としては何よりも好き!


これほどまでに足・カラダの悩みやトラブルに対して 効率的なアプローチができる道具はありません。

インソールを合わせるともっと出来る・・・



これは本当にすごいことですよ!!



足が痛い・・・でも、この靴を履いたらどこまでも歩ける!

膝が痛い・・・でも、このインソールだと痛くない!


こんなお声も頂けたし、魔法のような側面を見せてくれることもあります。


足に問題はないけれどもっと歩きやすくなった!というような

さらなる高みを目指すような調整も得意です。

程度問題ですね!




足の健康を第一に考えたら

たくさんの靴から足に合う一足を選ぶより、

靴を加工調整して足に合わせた一足にする方が得意になりました。

※インソールだけで事足りる時はそこだけにします。


特異なことかもしれませんが、得意なことを活かしています。



分かりやすく言うと、こういう本の内容に近いことをやっています!

「痛い靴がラクに歩ける靴になる」は入門用にもおすすめですよ。


0件のコメント