56個の足の骨を動かし、効率的にほぐす

こばです!



足がだるい・むくむ



このような状態を感じた時、多くの人は 足のマッサージをするそうです。



でも実は、これってけっこう大変な作業。



そもそも、人の足の骨は何個あるか知っていますか?


実は、


  • 片足約 28個

  • 両足約 56個


思っているより多かったと思います。

そう、足はこのようにたくさんの骨の集合体だから

これらをほぐすのって大変なのです!



これら、たくさんの骨を効率的に動かし

足全体をマッサージできたらいいな・・・



なんて思いませんか? 実はできてしまうんです。





「足の骨を効率的に動かしマッサージする方法」 をざっくり解説




56個の足の骨を動かし、効率的にほぐす

結論から言うと、「できれば薄い靴底で自然を歩きましょう!」

※無理のない範囲で。


下のような自然の道って


  • どこを歩いても

  • どこを踏んでも


足裏から歪に押し上げられ 足の様々な骨が、様々な方向に 複雑に動かされる気がしませんか?



傾斜があるとアキレス腱も伸びる

アキレス腱は「かかとの骨」である踵骨につきます。

つま先を上げる動作をすることで

伸ばすことができます。



第2の心臓と言われる「ふくらはぎ」 ここをしっかり動かすには

アキレス腱の柔軟性が必要です。



ふくらはぎを動かせると、足の血流が良くなり


  • むくみ

  • 足の疲れ


などの解消に良いと言われています。



このような傾斜のある道を歩くと

アキレス腱がしっかり伸ばされそうですね!



また、地面が多少凸凹しているので


室内で行うアキレス腱伸ばしのように、一方向だけでなく
地面に合わせて様々な方向にアキレス腱を伸ばすことができます。

自然を歩くだけで。


このような石を様々な角度で踏んだら


土踏まずだけでなく

足の指の骨も様々な方向に伸ばせそうですね!



自分の力で足をマッサージするのも限界があります。

自然を歩くと、自分の体重を使って


  • 様々な方向に

  • 様々な力を

  • たくさんの骨にかけることができます


しかも、お金がかからない。

「歩く」という有酸素運動をしながら

ほぐしたり、鍛えることができるので


自然を歩くのは様々な面でお得です。